Macbook 13inchにSSDを増設(その2)

これまで2度に渡ってSSDを布教してきた私ですが、半年前、急に2台目のCFD「CSSD-SM128NJ2」がエラーを連発するようになってしまい、しばらく通常のHDDで仕事していたのですが、やはりスピードが気になったので再度、新しくSSDを購入したのでした。

今回購入したのはcrucialのRealSSD C300 CTFDDAC128MAG-1G1という商品(22,000円ぐらい)。
crucialは安定性に定評のあるIntel製SSDの供給元、というクチコミ情報を
頼りにしたセレクトです(大丈夫かなあ)。

前回同様、ビックカメラで買ったT6ドライバーを使って、標準のHDDとあっさり交換。
さっそくOSX→Adobe→モリサワパスポートと、いろんなソフトをインストールして
お仕事データを転送し、定番の起動実験を行ったのが以下の結果。



このときは25秒前後で起動していましたが、今はもう少し早くなっています。
※すみません、動画を撮り直すのが億劫でサボりました…。

特にPhotoshopやIllustratorなどの重いソフトの起動時間や、ファイルを開く動作が
目に見えて高速化されるので、やはり自分にはSSD無しで仕事はできないです。

アクセス、最近発売された新型Macbook Airだともっと高速らしいですね。
今度お店で見てこようっと。


<参考:xbenchのスコア>
Disk Test 169.46
Sequential 106.34
Uncached Write 126.36 77.58 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 106.73 60.39 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 63.29 18.52 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 220.61 110.87 MB/sec [256K blocks]
Random 416.95
Uncached Write 663.18 70.20 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 181.12 57.98 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 1194.84 8.47 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 578.94 107.43 MB/sec [256K blocks]

<これまでの実験結果>
MacBookのHDDをSSDに交換(換装)メモ
MacBook Pro 13″もSSDに換装してみた | tarolog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA