iPhoneゲームレビュー「Perfect Cell」

001 少し前にiPhoneの「Perfect Cell(350円)」というゲームをクリアしました。
宇宙からやって来た「完璧な細胞(=Perfect Cell)」を操って
閉じ込められた潜水艦基地から脱出する、という内容。


単純にゲームとしての面白さはそれなりなのですが、
全体を包み込むダークな雰囲気がとっても好みだったのでご紹介します。
この動画を貼り付けて「面白いよ!」だけでも伝わりそうなんですけど
スクリーンショットを撮りながら遊んでいたので、せっかくだから貼り付けます。

002 スタート直後、閉じ込められちゃってるセル。右側のガラスを突き破って脱出します。
行きたい方向をダブルタップしてダッシュ!

003 通路はなぜか迷路状になっていたり。こういうゲーム的なご都合主義は大好きです。
FFシリーズみたいに見えない通路の入口もあったりしますよ!

004 研究者を発見。ダッシュで体当りすると気絶させられます。
画面全体は3Dで構成されているのですが、人物だけはドット絵。
この組み合わせ、好きなんですよね(セガサターン世代)。

005 ステージが進むと、次第に潜水艦を占拠するテロリストとの戦いになっていきます。
セルをタップし続けることで赤い線を引くと、ライン上の敵を
瞬間的に倒すことが出来る高速ダッシュも。演出がちょっと残酷なので
そういうのが苦手な方にはおすすめできません…。

006 ステージが進むと、最大3つのセルに分裂して操作する場面も。
分裂はいつでも出来るので、例えば1つ目が敵の前方から注意を引きつつ
2つ目で背後から攻撃、みたいな応用もできます。
この機能、意外と思ったとおりに3つのセルを動かせるので驚きました。

007 序盤はゆるい難易度ですが、後半になるにつれてゲームオーバーを連発。
投げ出したくならない程度の、ほどほどの難しさでした。

ステージは全部で25。一つが短いので、プレイ時間は3〜4時間ぐらいかな?
ゲーム内容はシンプルなので、これぐらいの長さでちょうど良かったです。

各ステージに隠されているクリスタルを集めると、設定資料を少しずつ見られるようになります。
舞台裏好きとしては、こういうの、けっこうありがたいです。
意外としっかり作ってるんだなー(失礼)というのが伝わってきます。

008 一つのステージでもシーンによってBGMが切り替わったり、終盤の盛り上げ方、
ラストの演出などとても上手にまとまっていて、いい意味で「作品」になっていると思います。
こういう実験的なゲームが気軽に楽しめるのはiPhoneならではですよね。


購入はこちら(App Storeリンク:350円)
Perfect Cell – Mobigame
Perfect Cell Lite – Mobigame(無料版。僕はこっちで試してから買いました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA