柳川・夜明茶屋で梅原真さん講演会

IMG_2847 九州ちくご元気計画さん主催のトークイベント「ちくごでデザインする。」に、
土佐を拠点に活躍されているデザイナーの梅原真さんがいらっしゃるということで、
電車とタクシーを乗り継いで1時間、柳川の「夜明茶屋」というお店に行きました。

このお店を経営し、「むつごろう3Dクッキー」や「有明海の黄門様(イソギンチャクの味噌煮)」などの
オモシロ商品を開発されている金子英典さんと、梅原さんとのトークイベント。

↓梅原さんについては、こちらを読んでいただくと、どんな方かお分かり頂けるかと。

梅原真 足元にある宝物へのまなざし
http://minaminote.exblog.jp/10466669/

「シアワセのものさし」持ってますか?:日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20091021/207732/

今回は梅原さんが用意したこれまでのスライドを見ながら解説を行い、金子さんがリアクションする、
という流れだったのですが、お話自体や説明がとても上手で、その説得力に驚きました。

「コミュニケーションデザイン」という、僕自身も何となく語感で分かった気になっていた概念を
どんな人が見ても「なるほど!」と思えるように噛み砕いて説明し、終わった後には
コミュニケーションが上手く行くデザインと、そうでないデザインの違いが
それぞれの頭の中にインプットされたんじゃないかなあと思いました。
※今回、お客さんはデザイナーさんより農家や経営者の方が多いのが印象的でした。

デザインの講演会となると、どうしても難しい言い回しや、ぼんやりとした感覚的な伝え方に
なってしまう場面が出てくると思うのですが、梅原さんは企業とのコミュニケーションに
普通のデザイナーさんよりも深く踏み込んでいて、手がけた商品やプロジェクトが実際に大ヒットして
利益を出している、ということもあり、その言葉の一つ一つの説得力が違うな、と感じました。

そして何より、本ではなくてご本人の口からお話を伺えたのが良かったですね。
文章になるとどうしても削ぎ落とされてしまう部分や、口調、間の取り方などからも
いろんな情報を頂けた気がします。




ちくごインターネット局舎の柴尾さんが、USTREAMもUPしてくださっていました(ありがとうございます!)。
金子さんもざっくばらんとしたとても楽しい方で、率直な質問を梅原さんにぶつけることで
他のお客さんも気になった点を拾いつつ、梅原さんは「わかってないなあ」的なリアクションで
さらに深い話になっていく…という、いい流れになっていたと思います。

果たして自分のこれまでのお仕事はちゃんとコミュニケーションが出来ていただろうか?
これからのお仕事への取り組み方、見直さないと…と、改めて考えさせられた夜でした。


↓ 本、いままで読んでいなかったので、注文しちゃいました。

ニッポンの風景をつくりなおせ―一次産業×デザイン=風景
梅原 真
羽鳥書店
売り上げランキング: 53154


↓ 少し前に読んでいた、IDEOのティム・ブラウンさんの話しとも通じるものが。



↓ さらに前に読んでいた、中西元男さんの手法も、規模は違うけれど同じだ、と思いました。

コーポレート・アイデンティティ戦略―デザインが企業経営を変える
中西 元男
誠文堂新光社
売り上げランキング: 177523

2件のコメント

  1. あさの - 6年 ago

    ほんとうに、いらないものをつくらないとかいろいろ、考えちゃいます。

  2. タロウ - 6年 ago

    本当に必要なものだけを作るようになったら、果たして自分はどうやって生きていけば…と
    思うのですが、それも含めて考えて行かないといけない時代ですね。
    少しずつ、軌道修正していけたらなーと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA