澤田みかん山・黄金色の収穫

DSC_0129 eさんの実家・澤田みかん山で少しだけ栽培しているお米。今年から田んぼが少しだけ
広くなったので、これをホームページで販売しようと計画中です。
というわけで、稲刈りのタイミングで帰省してきました。
春にはデコポンがいっぱい入っていたカゴにも、秋の味覚が。

DSC_0133 家の前に生えている栗の木も豊作だったようで、大粒の栗がゴロゴロ(朝食に頂きました)。

DSC_0142 デコポンも1月の収穫に向けて、かなり大きく育ってました!

DSC_0289 さてさて腹ごしらえをしたところで、田んぼへレッツゴー。
対イノシシ用の電線、子イノシシが入ってこないよう有刺鉄線もプラスされてました。

DSC_0157 初公開、これが澤田みかん山の田んぼだ!
ほんの少しだけ棚田になっているのですが、これを「棚田」と呼んでいいのかどうか。
カメラの露出がおかしくなるぐらい、光を反射しまくっています。

DSC_0372 まぶしい!

DSC_0293 午前中は稲に朝露が付いていて、機械が上手く通らないのでおばあちゃんが露払いをします。

DSC_0338 その途中で見つけた「スズメの巣」。初めて見ました。
生まれてすぐにバイキング状態でお米が食べられるなんて、うらやましい。
他にもモグラ、ヘビ、カエルなども生息していて、
歩くたびに足元のバッタやコオロギもぴょんぴょん飛び跳ねます。

DSC_0373 機械を使って稲刈りするのは、お父さん担当。

田んぼが四角形ではなく、不規則な形なので大きな機械が使えず、
手押し式で少しずつ、ゆっくりと刈って行きます。俺が歩いたあとに道が出来るんだぜ…!

DSC_0350 お昼になって、叔父さんたちも応援に到着。みんなでご飯を食べます。

DSC_0210 機械で刈れない部分の稲は、こんな風に並べておいて、あとでまとめて回収します。

DSC_0386 回収するのはおばあちゃん!稲でくるくるっと縛って、軽々と持ち上げてました。
今年は生育状況もよく、おいしいお米になりそうとのことです。

これから販売方法やパッケージなどを考えて、ホームページに並べる準備に入ります。
販売スタートするときにはここでお知らせしますので、お楽しみに!
(と書いて、自分にプレッシャーをかけています…。)


澤田みかん山 – 家族で作った露地デコポンを産地直送でお届けします。
http://www.sawadamikan.com/


<おまけ>
DSC_0233 田んぼの近くにあったお地蔵様。光があんまり綺麗だったので、写真を。

2件のコメント

  1. 西山勲 - 6年 ago

    最後のお地蔵さんの写真、好きです。こんな木漏れ日見つけたら、カメラいつも持ってないとなぁって思います。

  2. タロウ - 6年 ago

    ありがとうございます!
    カメラ持って歩いていたら、急にこんな風景が見えたので、思わず。
    フィルムの方も持って来なかったことを後悔しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA