澤田みかん山の新米、12月まで販売します。

先日「澤田みかん山・黄金色の収穫」という記事でご紹介していた新米、
オンラインショップでの通信販売が始まりました。

名前はストレートに「澤田みかん山の新米」。今回はオリジナルの米袋もデザインしました。
(左・3kg/右・5kg)お店に並べる訳ではないし、eさんのお父さんたちが個人で作っている
お米だから派手さは無く、名前が分かる程度の要素に。

どれだけ売れるか分からないので、スタンプを作って、自分たちで押すことにしました。
コーヒー屋さんが自家焙煎した豆にスタンプして売っているような、素朴なイメージです。

DSC_0709 試しに段ボールに押してみた例。「活版印刷みたいにしたい」というオーダーを受けて
秀英体」と呼ばれる明治時代から使われている書体のシリーズを選びました。かすれ具合、狙い通り!

DSC_0708 デコポン判。ちょうどいいデコポン色になるように、いろんなタイプのインキを試しました。
写真から製版してみたんですが、ハンコとしての雰囲気が出てひと安心。

DSC_0370 自分たちでも食べるお米だから、脱穀した後の稲わらは田んぼに返して肥料にするなど
なるべく自然に育つように、家族みんなで一年かけて育てました。

DSC_0375 慎重に収穫していくお父さん。腰を落とした直立姿勢に真面目さが出てますね。

DSC_0384 おばあちゃんと柿の木。

DSC_0356 水はみかん山の近くの湧き水で育てています。

DSC_0670 うちにも見本を届けてもらいました。eさんが居なかったので、自分で手タレに。

DSC_0692 さっそく炊いて試食してみましたが、つやつやしてふんわりと粘りがあって、とっても美味しい!
販売開始したら、玄米で届けて欲しいという方もいらっしゃったので、
白米と玄米も選べるようにしてみました。

在庫次第では年明け以降も販売できるかもしれませんが、「新米」と呼べるのは今年の12月まで。
年末は発送できないので、これから1ヶ月が新米の時期になります。

熊本県芦北郡津奈木(つなぎ)町で作った美味しい新米、ぜひ味わってみてください。


澤田みかん山
http://www.sawadamikan.com

※思いのほか好評なデコポンてぬぐいも、よかったら!
※ちなみにデコポンの収穫は1月。熟成させて、3〜4月に出荷します。お楽しみに。

3件のコメント

  1. yamautino - 6年 ago

    最近稲刈りしてないなあ。
    今は小さな精米機が安く手に入るから、もみ殻付きもおすすめよ。

    • yamautino - 6年 ago

      いやいや、もみはマズイわ。玄米じゃないと。
      なに言ってんだか

  2. タロウ - 6年 ago

    もみだと脱穀機が必要ですぜ!
    玄米でも発送できるようにしたので、よかったらご賞味くださいませー。
    (山内家は実家からお米が届きそうですけど…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA