坂本慎太郎「幻とのつきあい方」


ゆらゆら帝国を解散した坂本慎太郎さんによる初めてのアルバム、本日発売です。
ご本人の手描きによるPVも素晴らしい。今回はドラム以外はほぼ全て一人で録音されたそう。
↓全曲のインストバージョンが入った初回版がおすすめ。

幻とのつきあい方(初回限定盤)
坂本慎太郎
インディーズ・メーカー (2011-11-18)
売り上げランキング: 37

「音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。おいらの言っていることはわかるかい?
踊るんだ。踊り続けるんだ何故踊るかなんて考えちゃいけない。
意味なんてことは考えちゃいけない。意味なんてもともとないんだ。そんなこと考えだしたら足が停まる。
一度足が停まったら、もうおいらには何ともしてあげられなくなってしまう。
あんたの繋がりはもう何もなくなってしまう。永遠になくなってしまうんだよ。
そうするとあんたはこっちの世界の中でしか生きていけなくなってしまう。」


ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)
村上 春樹
講談社
売り上げランキング: 22447


ゆらゆら帝国を初めて知ったのは、お友だちが録画してくれていた
スペースシャワーTVで流れていた、このPVでした。


印象に残っているのは後期のこの曲。悲しみをつぎの夜へ連れていこう。


坂本慎太郎| インタビュー | LIQUIDROOM
「絶望感みたいなものを抱えながら、音楽を聴いてるときは楽しくなりたいみたいなのがあるじゃないですか」
http://www.liquidroom.net/interview/631/

zelone records
http://zelonerecords.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA