塩麹をつくる会 in 池亀酒造

先日「池亀酒造さんの酒蔵の活かし方、考え中です。」というタイトルでご紹介した
久留米・三潴(みずま)の酒蔵、池亀酒造さん。

ここにある素敵な古い酒蔵を、レンタルスペースとしていろんな方に使って頂くには
どうすればいいか、ということを九州ちくご元気計画の研究会で考えているのですが、
社長の蒲池さんと元気計画の講師で料理家の井口和泉さんが出会ったことで、
テストケースとして池亀さんの麹と仕込み水で作る「塩麹を作る会」が実現しました。

SONY DSC テストイベントなので、お知り合いに声をかけて…という募集だったのですが、
井口さんの提案で簡単なフライヤーを作りました。
師走モードで時間的に厳しいから筆ペンでざっくり作るか!と書いてみて、
自分の筆力に愕然。結局、Macでちまちま修正しました。
印刷も10zineで余ったザラ紙に(DIY精神が活かされていますね!)。

SONY DSC そして当日。快晴、しかし寒い!

SONY DSC 池亀酒造さんが用意してくださった、米麹。お米の周りにびっしりと麹がコーティングされています。
この状態で食べるとほんのり甘くて、ちょっとしたおやつになりそうでした(ホントですよ!)。

SONY DSC 作り方、基本的にはこれにお塩と水を入れて常温で1週間保存するだけ。シンプルです。
井口さんがいろんなお塩を持って来てくださったので、僕とeさんで別々の塩を選びました。
(写真は辰巳芳子さんお薦め・豊後の石灰質除去された塩だそう)

SONY DSC もう一品、池亀酒造さん名物・生甘酒を使った水キムチ作り。
火入れしていない生甘酒の発酵パワーとりんごジュース・塩でお野菜を漬け込みます。

SONY DSC 水キムチ実食タイムの準備をする井口さんを残し、工場見学へ。
写真は日光浴中のキムチさんです。

SONY DSC みんなで帽子を被ると、麹の精みたいで面白い…と思いつつ、蒲池さんの説明を受け、いざ酒蔵へ。

SONY DSC 昔、使われていた酒造りの道具や(今は衛生面からステンレスが多いそう)…

SONY DSC 造ったお酒の貯蔵タンク、発行中の酒母の泡の様子…

SONY DSC 冷温貯蔵庫を外から覗いたり…

SONY DSC 僕のおすすめスポット「分析室」を見学したりしました。
社長の蒲池さんは池亀酒蔵の6代目ですが、以前は大手飲料メーカーなどで
さまざまなお酒の開発に携わっていて、それらの経験を活かして
「ゼリー梅酒」を始めとする、さまざまな新商品をここから生み出しています。
まさに実験室、と言った趣で、ガラスと光のバランスが美しい空間です。

SONY DSC 見学から戻ると、おしゃれなテーブルセッティングが完了していました。
WASARA、使っている人を初めて見た!さりげなくessenceの箸置きも使って頂いてる!

SONY DSC 塩麹の使い方の実例、豚の薄切り肉の塩麹漬け。ミルフィーユ状に肉、塩麹…と重ねていくと
お肉の形がそのままで美しいらしいです。

SONY DSC ご飯は土鍋で!この土鍋と鍋敷き、欲しいなあ。

SONY DSC 昆布出汁でしゃぶしゃぶにした塩麹豚のスープご飯と、水キムチ、美味しくいただきました。
塩麹を使うことで、普通とはちょっと違う、ふっくら甘みのある味わいに。
持って帰った塩麹で作ってみます。井口さん、ありがとうございました!

池亀酒造さんでは酒蔵のスペースレンタルや社会見学、大人の方の工場見学も
随時受け付けています。興味のある方は、ご連絡ください。
池亀酒造と元気計画チームの皆様、お世話になりました!参加してくださった皆様もありがとうございます。
リニューアル予定のホームページもお楽しみに、です。

SONY DSC 塩麹会のあと、少し時間があったので大木町のパン屋さん、ニコパンさんへ。
お店、少しずつクリスマス仕様になっていました。

SONY DSC ほぼ売り切れ状態の棚から選んだパン、どれもしっかりした生地でおいしゅうございました。
ニコパンさん、すっごく素敵なお店なので、別エントリで紹介させて頂こうと思います。勝手に宣伝!


↓井口さんによるこの日のレポートです。

L’Ecume des Jours 塩麹作りの会
http://izumingocurry.blog68.fc2.com/blog-entry-910.html

池亀酒造
http://www.ikekame.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA