糸島・伊都安蔵里〜白糸酒造〜Sumi cafe

SONY DSC 前回の記事「糸島・莫窯見学」の続きです。
莫窯さんの次は、「伊都安蔵里(いとあぐり)」。「福寿醤油」というお醤油屋さんだった
築150年の醤油蔵を改装して直売所にしている建物です。

SONY DSC 中では有機や無農薬にこだわったお野菜や食材が、
街の自然食のお店に比べるとリーズナブルなお値段で販売されていて、人気なのも頷けます。
もちろん音楽はオカリナ系でしたよ!

デザインのお手伝いをさせて頂いている「KUSU HANDMADE」も並んでました。ありがたい!
これはくすのきオイルを配合したオリーブ石鹸と、アロマミスト。

SONY DSC これは勉強になりますねえ加藤さん!と振り返ったら、お電話中でした。
いつもお疲れさまです!

SONY DSC 隣には母屋だった建物を改装した「安蔵里かふぇ」。
自家焙煎のオーガニックコーヒー、美味しゅうございました。
伊都安蔵里はマキハウスさんが運営されているということで、古い建物に
そこはかとないデザイナーズ感が漂っていて、バランスが面白かったです。

福岡糸島の伊都安蔵里(いとあぐり)公式HP
http://itoaguri.jp/

SONY DSC 続いて移動中に発見して立ち寄った、白糸酒造さん。
「ハネ木」と呼ばれるテコの原理でお酒を絞っている、全国でも唯一の蔵だそうです。

SONY DSC 建物の古さが魅力的でした。入れなかったけど上がってみたい。

SONY DSC みなさん、バスケットボールがお好きみたいでした。

ハネ木搾りの白糸酒造 ←11月にリニューアルしたばかりの、おしゃれ系サイト
http://www.shiraito.com/

SONY DSC 最後は「またいちの塩」という塩づくりをしている会社が運営されている
直売所「季節屋」、ごはん屋さん「イタル」、カフェ「Sumi Cafe」が集まる場所へ。

SONY DSC 元々はお屋敷か何かだったのか、とても立派な場所でした。
(滞在中、家賃とかはどうなってるんだろう、持ち家なのかしら…みたいな
せせこましいことをずっと考えてましたが、カフェトラさんが綺麗にまとめてくださってました

SONY DSC もともと馬屋だった場所を改装した「Sumi Cafe」で、名物の花塩プリン(400円)を。
個人的にプリンは卵と牛乳のボテッとしたものが好きで、こういうクリーミーなプリンは
苦手なのですが、表面にパラパラとふりかけられた塩のジャリッとした食感と
塩分がアクセントになって、とっても美味しいプリンでした。

同じ敷地内の季節屋さんでお持ち帰り用も売ってたから、買って帰ればよかった…。
コースターが可愛かったので、おやつ入れ用におみやげで購入。

SONY DSC Sumi Cafeさんの台所。裏側フェチなので。
この日はさまざまな古い建物と、その活用事例を見学することが出来て
とても勉強になった一日でした。

井口さん、加藤さん、蒲池さん、ありがとうございました!

糸島 またいちの塩
http://www.mataichi.info

2件のコメント

  1. 松本 太一 - 4年 ago

    はじめまして。松本太一と申します。

    糸島市・前原にある「Sumi Cafe」に関する情報を集めていたところ、
    こちらのサイトにたどり着き、写真の美しさに感動してしまいました。

    私もブログを書いておりまして、行った先々で写真を撮り、ブログ記事に利用しています。
    アップロードの利便性からスマートフォンで撮影していますが、
    最近、スマートフォンで撮る写真に満足いかなくなってきています。

    写真はブログの生命線のひとつと考えておりまして、
    こちらのサイトの写真にすっかり見とれてしまい即効はてブしました。

    私もこちらのサイトの写真たちのように人の心を惹きつける写真を撮りたいのですが、
    使われているカメラのメーカーや機種、そしてレンズをおしえていただけないでしょうか。

    なにとぞよろしくお願いいたします。

  2. タロウ - 4年 ago

    松本さんこんにちは。はじめまして。

    カメラについてはこちらに書いてますので、良かったら見てみてください。
    よろしくお願いしますー!
    http://taromag.misaquo.org/archives/3518

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA