taromagazineが選ぶ、2011年iPhoneゲーム大賞


今年は去年より自分の中のゲームしたい欲が落ち着いたこと、後半はiTunesカードの残高が
底を付いてしまった(&忙しくて買いに行く暇がなかった)ので、全体の本数は少なめでした。
そんな中から今年、印象に残ったiPhone/iPadゲームを簡単に紹介しようと思います。
今の時期は年末セール中で、元の価格と併記するのが面倒なので、価格はリンク先で調べて下さいませ。

↑の動画は最近遊んでいる「EDGE」。iPhoneゲーム初期の作品ですが、
無料になったので試してみたら面白い!ゲーム性とデザイン性のバランスがとっても好みなので
普段ゲームで遊ばない人にもオススメしたいです。

Edge – Mobigame(iTunes Storeリンク)

1位:Dungeon Raid


今年の始めにリリースされ、iPhoneゲーマーたちに衝撃を与えたDungeon Raid。
結局、これを超えるインパクトのあるゲームは遊ばなかったなあ、という印象です。
同じブロックを3つ以上繋げて消す「3マッチパズル」と呼ばれるパズルゲームに
「トルネコの大冒険(ローグ)」の要素をうまく組み合わせてデザインされています。

ゲームを止めても頭の中で効果音が鳴り止まないぐらい(体験済み)、中毒性のあるゲームです。
有料版はバージョンアップでルールが複雑になっているので、無料のLite版から入るのがオススメ。

Dungeon Raid – Fireflame Games(iTunes Storeリンク)
Dungeon Raid Lite – Fireflame Games(iTunes Storeリンク)

2位:Major Mayhem


最近紹介したばかりなのですが、本当によく出来ていると思います。
タッチするだけの簡単操作&短時間で濃密な体験が出来る、しかもアーケードゲーム1回分の料金で!
ローポリゴンのグラフィックにもセンスを感じます。

Major Mayhem – [adult swim]
Major Mayhem Lite – [adult swim](iTunes Storeリンク)

3位:Flick Kick Football


フリック操作でボールをゴールにシュートするだけ、という内容なのですが、
シュートの強弱や回転の要素が入ることで、ゲームとしての奥行きが出ています。
画面のデザインや効果音、なぜか敵の選手だけ2Dで描かれているところも素敵。
iPhoneゲームらしいゲームで、万人にオススメできます。
チェルシーFC版など複数のバージョンがあるので、サッカー好きな方はStoreで探してみてください。

Flick Kick Football – PikPok(iTunes Storeリンク)

4位:Perfect Cell


ブログでも紹介していた、細胞分裂スニーキングアクション。
グラフィック、BGM、怪しいストーリー性など、さまざまな要素がバランスよく作られていて
この世界感に浸れる、というだけでも楽しいゲームです。
やや暴力的な表現がありますので、そっち系が苦手な方は要注意。

Perfect Cell – Mobigame(iTunes Storeリンク)
Perfect Cell Lite – Mobigame(iTunes Storeリンク)

5位:Mist World


このグラフィックにとっても抵抗があったのですが、携帯機だから誰も見ないし…みたいな
葛藤がありつつ購入したら、面白い!最小限の要素で「RPG」を成立させるという
「禅」のような面白みを感じるゲームです。

ボリュームは少ないですが、85円という価格を考えると大満足。
キャラクターの音声は聴いているとつらい気持ちになるので、音声OFF、SEのみで遊んでました。
最近Mon_Worldというモンスター育成ゲームもリリースされたようなので、こちらも遊んでみようと思います。
※余談ですが主婦の方が個人で開発されているらしく、こういう個人開発のゲームが
簡単に手に入るのも、App Storeの面白いところですね。

Mist World – HoPE(iTunes Storeリンク)
Mon_World – HoPE(iTunes Storeリンク)

6位:Infect Them All


これも最近紹介したばかりのゲーム。
基本的に方向キー(またはティルト)のみの操作で、乱闘系のアクションゲームが遊べるのが魅力です。
こういうの、好きなんですよねえ…と思ったら、2010年の作品でした…。
現在は続編の「Infect Them All : Vampires」が出てるので、購入するならこちらがいいかもしれません。

Infect Them All – Magic Cube(iTunes Storeリンク)
Infect Them All Lite – Magic Cube(iTunes Storeリンク)
Infect Them All : Vampires – Magic Cube(iTunes Storeリンク)

7位:ゴーストトリック


これも2010年の年末にリリースされていたのですが、2011年にクリアしたのでお許しを…。
元々ニンテンドーDS用のゲームだったので、内容の濃さはお墨付き。
同じ人が作った逆転裁判シリーズは遊んだことが無かったのですが、細かい部分で
ゲームの要素とシナリオの要素が上手く噛み合ってないような気がしました。
ただ、グラフィックを含めた全体の作り込みと後半の盛り上がりは素晴らしかったのでこの順位。

序盤だけ無料で遊べて、続きはお金を支払うタイプです。よかったら。
ゴースト トリック – CAPCOM(iTunes Storeリンク)

8位:ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争


けっこう時間をかけて遊んだゲームの一つ(当時のレビューはこちら)。
元々グラフィックは好きだし、序盤の重苦しさはとっても良いと思うんですが…
後半のシナリオの適当さや、アップデートされてもまだ重い動作が台無しにしている気がします。
持っている人は素直にPS版を遊ぶことをお勧めします。

FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争 – SQUARE ENIX Co., LTD.(iTunes Storeリンク)

9位:Dead Space


xbox360で遊びたかったゲームのiPhone版(当時のレビューはこちら)。
原作とは別のゲームになりつつも、独特の気持ち悪さは演出できていて
これはこれで最後まで楽しくプレイさせて頂きました。
こちらもやや暴力的な表現がありますので、そっち系が苦手な方は要注意です。

Dead Space™ – Electronic Arts(iTunes Storeリンク)
Dead Space™ for iPad – Electronic Arts(iTunes Storeリンク)

10位:SHADOWGUN


UNITYを使った本格的なゲーム!という触れ込みで話題になった、なんとなくGears Of Warっぽい
ハゲマッチョが戦うゲーム。実は終盤で仕事が忙しくなってしまい止まっているのですが、
iPad2で遊んでいると、高品質なグラフィックでフレームレートもなめらかで、
遊ぶのがとっても気持ちいいゲームです。内容は屋内ばかりでかなり単調なので(特に序盤)、
フィールドを屋外に変えた新作が出たら遊んでみたいですね。

SHADOWGUN – MADFINGER Games, a.s.(iTunes Storeリンク)


…と、いかがだったでしょうか?
ラインナップを見てみると、僕はiPhoneらしい、簡単操作で濃厚なゲームプレイを提供しているものと、
これがiPhoneで!?というグラフィックを実現しているものに興味があるようです。
他にも紹介したい&自分用の備忘録にブログに載せておきたいゲームも沢山あったので、
来年は動画+簡単な感想みたいな形式で、ちょこちょこ載せて行けたらなあと思います。

ではでは、良いお正月&ゲームライフを!


番外:Monsters Ate My Condo


ゲーム性は少々破綻している気がするのですが、
テンションの高い音楽(なぜか日本語ヴォーカル)&ゲーム進行で
頭から離れない強烈な印象を受けたので、紹介しておきます。オススメ!

Monsters Ate My Condo – [adult swim](iTunes Storeリンク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA