taromagazine™ / taro misako
PLANAR T* 50mm F1.4
NEX-5にPlanar T* 50mm F1.4を装着
/
2011.12.26

ねんがんの プラナーをてにいれたぞ!

fd石川さんのロクロククラブを見てからずっと気になっていた、
独カール・ツァイス社のレンズ「Planar T* 50mm F1.4」。
現行品の新品が5万円台、中古で3万円台(2011年12月現在)と、3万円ぐらいで買えるNEX-5に
付けるにはちょっと重いなあ…と思っていたのですが、たまたまWeb上で中古21000円で
売られているのを発見して、即確保。コンタックスマウントです。

以前購入したTessar 50mm F2.8は7000円という破格だったものの、
絞りを変えても全開放のまんま、という問題点があったのですが、今度はバッチリ動いてます。
なによりレンズが大きくて美しい!

さっそく同時購入したマウントアダプタと合わせてチェンジゲッター!

ビリビリビリビリ…バチバチバチバチ!
(Photoshopで稲妻を追加しようと思ったけど諦めたぜ!)

完成!いいものを買うと逆光で眺めてうっとりしてしまうのは、幼稚園児の頃から変わっておりません。
さすがにF1.4は重量があり、もともと使っていたニコンのD40とあまり変わらなくなってきましたが
完全に本体はオマケ状態になって、楽しいです。

ペラペラのコンタックスレンズキャップもかわいい。

NEX-5、これまでキットレンズ(パンケーキ、標準ズーム)とTessar 50mm F2.8を使っていて
気に入ってはいたんですが、どうもD40+35mm f1.8G・50mm f1.4の組み合わせの方が
いい写真が撮れている気がするのが気になっていました。

今回のプラナーも最初は写りが気に入らず、こんなもんかなあと思っていたのですが、
ホワイトバランスや露出、絞りをいろいろ試していたら先日の糸島見学
だいぶ納得の行く感じになって来たので嬉しいです。これからお仕事でビシバシ使ってみようと思います。

…みたいなことを書いていると、周りの写真家の方から「俺たちの仕事が無くなる〜(ジト目)」と
言われるのですが、自分なりに少しずつ道具を増やして使ってみる事で、自分が出来ることと
プロにお願いしないと出来ないことの境界がはっきりしてきて、逆にお仕事をお願いしたい、と
思うようなケースが増えてきた気がしていて、面白いです。


NEXシリーズ、使っている人をOLYMPUS PENやPanasonic GFシリーズほど見かけませんが、
液晶が綺麗なのと、マニュアルフォーカスのときに画面を拡大出来る「MFアシスト機能」と
ピントが合っている部分を色付きで表示できる「ピーキング機能」が相当便利で、
なにより見た目が「なにこれ無印良品?」と言うぐらいシンプルなのが気に入っています。