IKEKAME SHUZO
January 11th, 2012 / 21:24 / Works

池亀酒造株式会社 Webサイトリニューアル

以前からお仕事でお邪魔していることはお知らせしていたのですが、
久留米・三潴町の酒蔵「池亀酒造」こと池亀酒造株式会社さんのWebサイトをリニューアルさせて頂きました。
九州ちくご元気計画の関係で何度も足を運ばせて頂いたおかげで、手前味噌ですが、
池亀さんの良いところをしっかりと紹介できるサイトが出来上がった手応えを感じています。

実は2010年に、LOCAL&DESIGNの高山美佳さんによってリニューアルが行われていて、
内容もデザインもこのままで良いのでは…というものだったのですが、サーバのトラブルなどの理由で
運営が難しくなり、酒蔵のスペースレンタルやブログ・通信販売などについての
情報発信を強化したいという相談を頂いたことから、今回のお仕事が実現しました。

写真・文章などは高山さんが撮影されていたものをなるべく流用しつつ、
僕の方でも追加で作成・撮影させて頂きました。
デザインは背景色が白や和紙ではいかにも…な雰囲気になってしまったので
石を連想させるパターンを作成。

少し和の要素も加えたかったので、澤田みかん山の新米でも使った秀英体を漢字に、
游築五号仮名というひらがな書体を組み合わせて縦書きで使用しています。
商品を売るためではなく、酒蔵のことを知って、興味を持っていただく、
新しいお知らせを池亀酒造さんらしい姿勢でお伝えするためのデザインです。

酒蔵の一年をカレンダー形式で。普段のお仕事より少しだけリッチな表現にしました。

大好きな分析室。ここで社長の蒲池さんが新製品を開発しています。

お酒の紹介は、シンプルに。雑誌のようなレイアウト。
池亀さんオリジナルのゼリー梅酒や、ノンアルコールで麹が生きている生甘酒もおすすめです。

元気計画でプランを検討した、酒蔵スペースレンタルのページ。
262㎡、天井の高い酒蔵を1日借りても10,000円(税別)と、とってもお得!
地域の方から気軽に利用していただきたいという思いが込められています。
個人的にはフリーマーケットとか、雑貨のイベントなんかも似合うと思います。

敷地内の直売所「かめのこ」では、池亀のお酒のほか、大人気の甘酒ソフトクリームも
その場で頂けます。ほんのり麹の甘い香りがして、とっても美味しいので
これは本当におすすめ。みんな打ち合わせのたびにオーダーしてました。

蔵人による生の情報発信に不可欠なブログには、taromagazine形式で
記事の一覧ページを付けています。普通のブログだと縦に記事が並んで
目的の記事が見辛くなることが多いので、最近はこの形式をお勧めしています。
これからどんな記事が並ぶのか、楽しみです。

今回はコーディング・ブログ講習には、ちくごインターネット局舎(略してCIA!)の
柴尾悠さんにご協力頂きました。ワークショップを開催して頂いたり貴重なアドバイスを
頂いた料理家の井口和泉さん、コーディネートして頂いた元気計画の加藤さん、
池亀酒造の素敵な蒲池社長ご夫妻と蔵人の皆様、本当にありがとうございました!


池亀酒造 – 時代に寄り添う酒造り(福岡・久留米・城島の酒蔵)
http://ikekame.com

これまでの池亀酒造さん関連記事

池亀酒造さんの酒蔵の活かし方、考え中です。 | taromagazine™
http://taromag.misaquo.org/archives/2513

塩麹をつくる会 in 池亀酒造 | taromagazine™
http://taromag.misaquo.org/archives/3255

糸島・莫窯見学 | taromagazine™
http://taromag.misaquo.org/archives/3430

糸島・伊都安蔵里〜白糸酒造〜Sumi cafe | taromagazine™
http://taromag.misaquo.org/archives/3444

RELATED POSTS
COMMENTS
コメントはまだありません »
コメントを残す

CAPTCHA