写真に銀塩写真の質感を。 – DxO FilmPack

001 お仕事で関わる写真家の方に頂いたデータに、デジタルカメラで撮っているのに
フィルムのような粒状感があって、どうやってるんだろう(あえて本人には聞かない)と思って
調べてみたら見つけたソフトの一つが「DxO FilmPack」。

RAW現像ソフト「DxO Optics」を開発しているDxO社の製品で、
iPhoneアプリのInstagramのようにサムネイルを選択するだけで、往年のポジ・ネガフィルムを
イメージした効果を加えることができます。Win・Mac用のスタンドアローン版と
Photoshop・Aperture・LightRoom等に対応するプラグイン版があります。

価格は簡易版のエッセンシャル版が9870円・バッチ処理に対応し、フィルムの種類が増えた
エキスパート版が14700円(公式サイトからダウンロード購入)です。
※2012/1/31まで新年セールで各5985/10290円になっています。

005 一番シンプルなレイアウトにするとこんな状態に。見るからに簡単!

30日間・ちゃんと保存可能なトライアル版(太っ腹!)があるので、試しに自分の写真を加工してみます。
元画像はこれ。ドリーミーデコポン果樹園画像です。

002 「Fuji Astia 100F」を選択した場合。

003 「Kodak Ektachrome 100 VS」を選択した場合。

004 「Polaroid 669」を選択した場合。

この手のフィルタ系ソフト、効果が派手であまり実用的ではないと思っていたのですが、
DxO FilmPackはソフトな仕上がりで、用意されたフィルムの効果に加えて独自で微調整ができたり
それらを自分のフィルムとして保存できる機能があるなど、さすがRAW現像ソフトのメーカーさんが
作っているだけのことはあるなあと思いました。
※プロの写真家なら現像ソフトだけで同じことが出来るかもしれないけど…。

ファッション要素が必要なお客さんのブログで使ってもらったりすると、
写真に雰囲気があっていい感じになるかも…とか、夢が膨らみます。
※千駄ヶ谷のFructusさんのサイトが写真を全てInstagramで撮られていて、素敵なんです。

フィルムカメラ、最近扱い始めたばかりなのでこの分野にはあまり詳しくないのですが、
価格も無理な設定ではないので、飛び道具的な使い方で持っておくのもいいかなーと思いました。
プロの方の使用コメントも聞きたいので、興味のある方は試用して感想を聞かせてください!


DxO FilmPack – Mac & PC ソフト デジタル 銀塩写真
http://dxo.com/jp/photo/filmpack

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA