LETTER PRESS CARDS
January 24th, 2012 / 11:59 / Works

「活版印刷によるクリスマスカード展」出展カードデザイン

昨年末・2011年12月13日(火)〜18日(日)まで警固のgallery LUMOさんで行われた
「X’mas Letter Press 活版印刷によるクリスマスカード展」にお越し頂いた皆さん、ありがとうございました!
※展示概要は以前書いたこちらの記事をご覧ください。

今回は一人2作品の出展ということで、刺繍に使われる「クロスステッチ」と呼ばれる技法を
大好きなドット絵に見立てて、2種類のカードをデザインしました。

SONY DSC 1枚目は、いろんなセーターや手袋などの柄からパターンを集めて作りました。
なので、デザインと言うより「編集」とか「スタイリング」と言った方が、自分の中ではしっくり来ます。
特に以前、BIBBIDI BOBBIDI BOO brocanteさんで買った、東欧のミトンのカタログは
とっても参考になりました。ヤカベさん、ありがとうございました!
今年の冬休みのグリーティングカードに使わせて頂きました。

SONY DSC もう一枚は澤田みかん山のお客さんに送る、クリスマスカードにしよう!ということで
みかんの柄を並べて水玉模様にしました。もっと複雑なものも考えたのですが、
これが一番ベストだと思い、活版印刷して頂きました。
シンプルな分、印刷の圧力を一定にするのが大変だったようで、森田印刷さんには少しお手間をおかけしました…。

活版印刷らしく印圧を強めてしっかり凹ませようと思っていたのですが
圧力をかけると線が太ることを考慮せずに入稿するデータの線を普段の印刷と同じ太さにしてしまったので
思い切った強さの印刷が出来なかったのが残念でした。

事前にデータを見てもらって検討してもらうとか、方法はいろいろあったと思うので反省です。
お仕事で使うときに、この反省を活かしたい…!

SONY DSC 会場はみんなで話し合って、すっきりシンプルな展示にしました。
参加者の一人、インテリアデザイナー高須学さんのおかげで、
活版印刷の陰影がしっかり伝わる印象的なライティングができました。
写真で上手く撮れなかったんですが、素敵だったんです!

SONY DSC 展示パネルは梶原道生さんデザイン。写真は先崎哲進さん。

SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC 展示されたカードたち。セットで販売を行ったので、インクの色をあらかじめ決めて
統一感が出るようにしました。本当に売れるかな…と少し心配していたので、
たくさんの方に買って頂いて、とても嬉しかったです。

SONY DSC 印刷に使われた亜鉛凸版も展示。インクで少しだけ色が染まっていて、オブジェとしての雰囲気も
出ていたと思います。これ、あとで手元に戻ってくるはずだったような…連絡してみよ。

SONY DSC SONY DSC SONY DSC 印刷は森田印刷の小森さん、森田さんが行なって下さいました。
よく活版印刷で使われる「手フート」と呼ばれる手動式ではなく、自動式なので
細かい調整や試し刷りが難しいらしく、それぞれの作品に合わせて毎回、入念な調整を行なって
印刷に臨まれていました。一番時間がかかった先崎さんの作品の所要時間は、6時間(!)。

動画を撮影しながらその様子に立ち会っていたのですが、デザインする人と印刷する人の
まさに共同作業だなあと思いながら見ていました。打ち上げで先崎さんが、

「活版印刷は僕達にとっては古い技術じゃなくて、付加価値のある新技術!」

と仰っていたのも印象的だったなあ…。

SONY DSC 会場の隅っこには、亜鉛凸版を作る際に使われる製版フィルムを、ムツロマサコさんがモビールにしたものと
僕とヒラノさんが撮影した動画を編集した映像を流しました。


(前半がヒラノさん・後半が僕の映像です。編集はiMovieで行いました。)
印刷機が立てる、ガチャン、ガチャンという音が会場に響くことで、少しでも印刷所の雰囲気を
感じて頂けてたようで、嬉しいです。森田印刷さんにも喜んで頂けて、よかった!
企業PVを作るお仕事でも始めてみようかしら…(←すぐ調子に乗る)

会場のBGMも、wood/water recordsの石井さんにセレクトして頂き、
暖かい中にもしんとした、冬の気配を感じる音楽たちを流すことができました。
石井さんありがとうございました。とっても好評でしたよー!


森田印刷こと(有)森田印刷所は、もともと活版機をトムソン(型抜き)加工や
ナンバリング加工に使われていたそうで、活字は残っていませんが、
Illustratorデータから樹脂凸版、亜鉛凸版を作る方式で活版印刷を行われています。
興味のある方は連絡を取ってみてください。

(有)森田印刷所
福岡県福岡市中央区大手門2丁目1−21
TEL092-721-5223 ‎

RELATED POSTS
COMMENTS
3 Comments »
  • かじや より:

    昨日ペーパーインに行ったらちょうど展示されていたので、見たところでした。

  • 織田慶子 より:

    活版印刷素敵です!
    このたび、福岡にUターンし活動するのですが
    このような情報を発信していただいてありがとうございます!

  • タロウ より:

    かじやさん>
    今回はご一緒させて頂いて光栄でした。ありがとうございましたー!
    年明けも展示されてたんですね、知らなかった…。

    織田さん>
    はじめまして!福岡に帰っていらっしゃるんですね。
    狭い町ですし、どこかでお会いできるのを楽しみにしております!

コメントを残す

CAPTCHA