MASS OF THE FERMENTING DREGS 福岡公演に行ってきた

BEAさんのライブモニターに当選して、天神ビブレホールで行われたMASS OF THE FERMENTING DREGS
福岡公演に行ってきました。初めて見たのは2008年のくるり対バンツアー「デラぜっぴん」で、
今回が2回目。2年のうちにメジャーデビューされたそうで、おめでとうございます!

初期ナンバーガールやFlaming Lipsなどを手がけたプロデューサーの
デイブ・フリッドマンさんや、元ナンバーガールの中尾憲太郎さんがプロデューサーを
てがけたということで、音楽も全体的にそんな感じなわけですが、

とにかくスピード感重視で変則的な構成の体育会系な演奏と
ボーカルの宮本菜津子さんの明るい声質の組み合わせが特徴的。
ポップになり過ぎず、マニアック過ぎずのバランスが好みなバンドです。

今回はビブレホールという小さな会場のせいか、全体的に音が篭ってぼんやりした印象に
なっていたのと、同じような構成の曲が多いせいか途中で集中力が切れかけていたのですが、

中盤のインスト曲から徐々に安定してきて、後半〜アンコールまでは
とても良いライブでした。昔の自分の感想によると、

サンダーフォースとか(新作が出ますね)、ゲーマー心を揺さぶるリフと
声の伸び方が気持ちよかった!


と言っていたように、ゲームにそのまま使えそうな曲調が
自分のツボらしく、それが遺憾なく発揮されるインストが好みだったんでしょうねえ…。
あと、宮本さんがアンプに登ってガニマタでベースをぎゅんぎゅん弾くのが
いつも素敵だなーと思っています!

ギターの石本さんは今回のツアーがラストの参加ということで、
バンドのこれからが気になりますが、動向に注目していようと思います。



↑音源は初期のこれがおすすめです。他のは聴いたことないですが!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA