ZINE MEETING@DESIGNING? フライヤーデザイン

昨日に引き続き、DESIGNING?の話題です。運営に参加しているzineのグループ「10zine」として
5/10(木)〜12(土)に平尾に新しく出来たアートスペース「FUCA」で、
「ZINE MEETING @DESIGNING?」と題したイベントを開催します。
東京からユトレヒトの江口宏志さん、デザインジャーナリストの加藤孝司さんをお呼びするので
大変緊張していますが、とても充実したイベントになりそうです。

いつもはSHIROKUROの野口さんがフライヤーを担当されているのですが、今回は僕の番。
画像データをそのままUPするのはあんまり好きじゃないんですが、写真が上手に撮れなかったので
今回は載せてみます。オレンジの部分は蛍光色!

SONY DSC おしゃれショップのビブリオテークさん、東京からZINE’S MATEさんも参加されるということで
DIYな雰囲気を、少し上品な雰囲気のレイアウトにしてみました。
外国の古本みたいなところを狙ってみたんですが…いかがでしょう?

SONY DSC 今回、すぐに思い付いたのは「まんが家の佐々木先生にイラストを描いてもらおう!」というアイデアでした。
以前から佐々木充彦さんのマンガの面白さはもちろん、イラストの完成度が高かったこと、
10zine vol.2で作られていたzineに載っていた「大人のたき火ガイド」という作品が
とても面白かったので、「テーマはたき火で!つまんなさそうな感じで!」とお願いしたら
お忙しいのに快諾してくれて、こんな素敵なイラストが完成しました。
佐々木さん、本当にありがとうございます!
→最近完結したばかりの代表作「interw@//」が無料で読めるWebサイトはこちらです。

SONY DSC タイトル書体はいろんなものを試した結果、なぜか「バトル・ロワイアル」に。
用紙はふんわりとした生成の中質紙を選びました。

SONY DSC 裏面はさらっとレイアウトしました。地図を描くのが久しぶりなので、楽しかったです!

SONY DSC 佐々木さんの絵を無駄にするわけにはいかない…と思い、普段よりも多めにパターンを考えて
比較検討できたので、とってもお気に入りの一枚ができました。
ホント、フライヤーだけど売りたいぐらい気に入っています!

SONY DSC DESIGNING?関連のお店や場所で配布されていますので、ぜひ手にとって見て下さい。


* * *

ZINE MEETING @DESIGNING?
期間:5月10日(木)~5月12日(土)
場所:FUCA (-Fukuoka Urban Community of Art-) http://fuca.asia
   福岡市中央区平尾3-17-13
時間:11:00~20:00
http://designing10.com/archives/617

ZINE’S MATEは、福岡で開催されるイベント・ZINE MEETINGにて、ZINE’S MATE SHOPをオープンします。
ZINE MEETINGは、デザイニング展期間に合わせ、アートスペースFUCAにてZINEを考える・ZINEに出会うを
コンセプトにしたイベント。ZINE’S MATE SHOPでは、現在Vacantにて展示中のアジアから集めたZINEに加え、
韓国のYOUR MINDとインドのBombay Duck Designsより新しく入荷したZINEたちもお披露目します!

ZINE’S MATE SHOPのほか、福岡を拠点とする様々な職種の人が集まり、普段の仕事を離れて自由にzineを制作、
展示販売するZINEのレーベル『10zine』さんも展示・販売を行うそうです。
また、期間中THE TOKYO ART BOOK FAIR共同ディレクターの江口がトーク(詳細下記)を行います。

福岡にお住まいの皆様、ぜひ遊びにいらして下さい!

■10zine
10zineのメンバーが、制作したzineの展示・販売。又、全国のzine作家の方が作られたzineを
お借りして展示する、小さな小さな図書館も展示。
http://10zine.org

■cafe & books bibliotheque art book SHOP
天神の商業施設VIOROにある「本屋と食堂」をベースに本やアートの情報発信を行う
カルチャーミックスな都心のカフェcafe & books bibliothequeのアートブックショップが出展。
http://www.bibliotheque.ne.jp

+++

■トークイベント
「セレクトブックショップ UTRECHT ができるまで。リトルプレスの愉しみ」

5月12日(土曜日)
時間:20:00~22:00
会場:FUCA
参加費:1,500円
ゲスト:江口宏志
コーディネーター:加藤孝司

「本で人と街をつなぐ」をテーマに、トークショーを開催します。
ゲストに東京・青山にあるセレクトブックショップ「UTRECHT(ユトレヒト)」のオーナーである江口宏志氏を招き、
加藤孝司(本トークショーコーディネーター)をファシリテーターに、本と人、街をつなぐ対話の場をデザインします。
「UTRECHT」は、書籍やアーティストブックの販売にとどまることなく、
アーティストによる自己表現と、コミュニケーションツールとしてのZINE=リトルプレスの可能性にいち早く着目し、
日本だけでなく、世界中のZINEを紹介してきました。
ユトレヒトと江口氏の存在は、価値とその評価軸が多様化した現代社会において、
本をツールにしたコミュニケーションのあたらしいひとつの価値観を提示し、
本と人と社会を結ぶメディアにもなっています。
本トークショーでは、その周縁と核心の部分を、お酒をのみながらゆる~く、楽しくお話いたします。
トークショーの第一部は江口宏志氏の活動に着目し、UTRECHT、ZINE’S MATE、そしてnomazonと、
いずれも本に関連する活動ながら、異なる考え方に基づいているそれぞれについてお話をうかがいます。
第二部は、江口宏志氏と、福岡を拠点に本にまつわる活動を展開するゲストとともに、
リトルプレスの楽しみかた、本がつなぐコミュニティ、本をめぐる活動の可能性をさぐります。
ぜひ会場に足をお運びください。
(文:加藤孝司)

江口宏志 HIROSHI EGUCHI
セレクトブックショップ「UTRECHT(ユトレヒト)」代表。日本で初めてのアートブック・フェア
「THE TOKYO ART BOOK FAIR」、新しい体験・共感型モノづくりイベント「D♡Y(ディーアイワイ)」や、
アマゾンにない本だけを集めた仮想ブックショップ「nomazon」の企画・運営などを行う。

加藤孝司 TAKASHI KATO
デザインジャーナリスト。デザイン・建築・アートなどを横断的に執筆。「伝える」をキーワードに
トークショーなども企画している。2011年より、デザイナー、編集者とともに『何に着目すべきか?』を共同主宰。
本や批評、場にまつわる活動を展開する。その他の活動に『Hiroshima 2020 Design Charette』など。

トークイベント ご予約・お問い合わせ
カフェ&ブックス ビブリオテーク福岡・天神 担当:石井
092-752-7443
bibliotheque_ft@cpcenter.net

主催:DESIGNING? , 10zine
協力:FUCA , ZINE’S MATE , cafe & books bibliothèque

http://zinesmate.org/?p=10434&lang=jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA