iPhoneゲーム「428 ~封鎖された渋谷で~」5/6まで半額セール中。

デザイニング展のサイトがひとまず公開となり、無事に連休を迎えられる…というタイミングで
チュンソフトのサウンドノベル「428 ~封鎖された渋谷で~」のiPhone版がその名の通り、
4/28(しぶや)〜5/6まで半額セール(1800→900円)になっていたのでさっそく購入。

僕、同じチュンソフトが1998年にリリースしたセガサターン用ソフト「街 〜運命の交差点〜」が
大好きで、2008年にWii版の428が出た時から欲しかったのですが、いつの間にか遊ぶのを忘れてました。
久しぶりに遊んでみたら、やっぱり面白い!

5人の主人公による小説、そのまま読み進めていくと全員「BAD END」と呼ばれる
不幸な結末が待っているのですが、それぞれの話の途中で出てくる選択肢を変更することで
全員の物語を完成させる、というゲーム。

まだ始めたばかりですが、「街」の主人公が8人だったのに対して「428」は5人。
その分テンポが良く、実写を使った映像とサウンドのクオリティも高く、
垢抜けた印象になっています。その分、前作にあった文章の独特な味わいが
少し薄れている気がするけど…この感想は、クリアしてから考えよっと。


こちらはAppBankさんによるプレイ動画。iPhoneでもiPadでも遊べますが、
簡単に持ち運べるiPhoneの方が向いている気がします。(iPadにインストールしちゃったんですけどね!)
基本的には文章を読んでいくだけなので、たまの連休だからゲームでもやってみるか、という
普段ゲームを遊ばない方にもオススメしたい作品です。

帰省中の電車の時間、あっという間に過ぎていくと思いますよー(寝不足)。


428 ~封鎖された渋谷で~ Appカテゴリ: ゲーム
価格: ¥900

ちなみにジャンルはサスペンス、なのかな。

忌火起草 Appカテゴリ: ゲーム
価格: ¥1,800

こっちもWiiからの移植。弟切草は怖くてちょっと苦手だったから、これは遊ばないと思う…。

1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)
村上 春樹
新潮社 (2012-03-28)
売り上げランキング: 85
読み進めてます。久しぶりの活字、楽しいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA