春吉「旭軒」でぎょうざ打ち上げ

SONY DSC デザイニング展(ぼくらの街案内チーム)の打ち上げで、春吉の「旭軒」という餃子屋さんへ。
昭和29年に屋台から始まったお店です。
差し入れで頂いたことはあるけど、お店で食べるのは初めて。

いわゆる博多一口餃子をあまり美味しいと思ったことがなくて
薬院の「餃子李」の餃子が今のところ一番好きだなあ、
出前してくれる距離に住んでてよかったなあと思うほどなのですが、
油でカラッと揚がった皮とほんの少しの餡、食べやすいように短めに切られた
細切りのキャベツという組み合わせ、とても美味しく頂けました。(10個で400円)

この皮と餡のバランス、どこかで食べた記憶が…と思い出してみたら、
いわゆるリッツパーティーや、小さなバゲットに鶏のリエットが載った前菜と似てる!
これはお酒のおつまみですね。ご飯が食べたくならない感じの。

SONY DSC SONY DSC カウンターの目の前にはなぜかケーキのように盛られた手羽先の唐揚げ(100円)があり、
これをひょいっとつまんであとで本数を申告するというシステム。
油が馴染んで燻製のような食感になっていて、それはそれで美味しかったのですが
途中で出てきた揚げたての唐揚げの美味しかったこと!

SONY DSC お店は二人のおばちゃんが切り盛りしていて、注文が入るまで
ずっとテレビでバレーボールを見ているのも実家感があって好みでした。

写真はNEX-5+最近新しく買ったCONTAX GマウントのCarl Zeiss Planar 45mm/F2。
なぜかどんどん道具が増えているのですが、本業が忙しすぎて紹介するヒマがないという…
ある意味ネタとして買っている感もあるのに、本末転倒です。


ちなみにマウントアダプタはKIPON製を購入しましたよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA