華山1914文創園區「普通。美」展・VVG at home

ordinary 004 61noteさんから教えてもらった「華山1914文創園區」。高い煙突が目印。
1914年に日本の「芳醸社」が建てた酒造工場だった広大な場所を使い、ギャラリーやショップ、
レストランやお茶屋さんが入っています。台湾デザイナーズウィークの会場にもなっているみたいですね。
*歴史などはこちらが詳しいです。

ordinary 002 ordinary 003 その中にある建物の一つで「普通。美」という展覧会が行われていました。
おそらく2006年に東京で行われた「スーパーノーマル展」が元に企画したのかなあと思いますが、
台湾の日常に使われているであろう道具の中から機能的で美しい品物が集められていて、
整然としたレイアウトで並べられていました。柔らかみのある形状や、はっきりとした色使いに
台湾らしさを感じることが出来ました。この展示、いろんな国で現地のものを集めたものを見てみたいなあと思います。
こちらのブログで沢山の写真を使って紹介されています。

ordinary 006 隣の建物に入ると、またまたVVG。「VVG at home」というお店が入っていました。

ordinary 007 ordinary 001 ordinary 005 ここでは「普通。美」展で紹介された品物の一部も(小さいものに限り)販売されていました。
本、生活雑貨、ジャムなどの食品のほか、カフェスペースもあります。
本棚の目立つところに「ソニアのショッピングマニュアル」や岡尾美代子さんの本がディスプレイされていて
ここでも日本のものが愛されているんだなあと感じました。

今回は時間が足りなくて2箇所しか回ることはできませんでしたが
一つ一つを回っていけばかなりの時間を過ごすことができそうですし、
様々なお店が入っているので誰でも楽しめる場所だと思いました。

華山1914文創園區
台北市中正區八德路一段1號
02-2358-1914

http://web.huashan1914.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA