三菱地所アルティアム「minä perhonen 1995→」のデザイン

SONY DSC 2013年1月7日(月)まで天神IMS 8Fのギャラリー・三菱地所アルティアムさんで、
ファッションブランド「minä perhonen(ミナ・ペルホネン)」による九州初の展覧会
「minä perhonen 1995→」が開催されています。

これに合わせてポスター・フライヤー・チケット・新聞広告・カッティングシート・館内キャプション・
屋外横断幕のデザインを担当させて頂きました。こんなに制作物の種類が多いお仕事は初めてだったのですが
昔からずっと好きだったブランドに関わるお仕事だったのでとても楽しかったです!
今回はその一部を紹介しますね。

010 009 まずはポスター。ミナさんから出版されている本「紋黄蝶」やこれまでにさまざまなデザイナーさんが
作られた印刷物を参考にしながら、自分ならどうする…というのをずっと考えていたのですが、
アルティアムの担当の鈴田さんの「ミナ初心者の方でも分かるようなポスターにしたい」
という意見が決め手になりました(自分の中で、です)。

ミナがずっと使っている色、イエローをベースに代表的なテキスタイルの画像を並べ、
文字などはなるべく雰囲気を出さないように、誰かが手を加えたような跡が残らないように…と、
客観的なレイアウトに仕上げました。イエローは蛍光色なのですが、蛍光インクが思ったより薄い発色で
一度は別の色も検討したのですが、印刷会社さんが2度塗りすることを提案して下さったおかげで
当初のイメージに近い色を再現することが出来ました。

008 003 004 フライヤーはA4の2つ折りタイプです。片艶のロール紙を使って、文字はざらざら、テキスタイルは
つるつるの面に印刷して2つに折ることで、異なる質感が同じ面に並ぶ楽しさを作りました。

005 僕自身もファンの一人なので、自分がもらうならどんな印刷物がいいだろう…と考えて、
片面は完全にテキスタイルだけの面も用意しました。壁に貼ったり、切り抜いて使って頂けたら…と思っています。

007 同じフライヤーで、各所に送るために3つ折りにして透明の封筒に入れるパターンのものも。

001 蛍光イエローの見本です。右が1回目、左が2度刷りしたもの。蛍光色は写真に写らないので、
実物を見かけたら手に取られてみてください。

002 チケットは招待券(ブルー)・大人(金)・学生(銀)の3種類。裏面はテキスタイルを使った7種類があります。
バリエーションがあったら楽しいですよね!と打ち合わせしていたことが実現できて嬉しいです。
アルティアムさんの通常のチケットのサイズより少し大きめになっていて、
会期終了後もしおりとして使ってもらえるようにしました。

SONY DSC もう1種類のチケット。初日の12月1日に行われたトークイベント
「IMS Special Presents クリエイターズ トーク 皆川 明(ミナ ペルホネン)×植原亮輔・渡邉良重(キギ)」
の入場整理券です。当初は予定になかったのですが、抽選に当選した300名の方に少しでも記念になるものを…
というお話で、急遽制作しました。時間がない分、自分の趣味がストレートに出たものができました。

イムズ屋外の横断幕はこんな感じ。いつも見慣れた景色に自分が作ったデータが出力されているのが不思議です。
シンプルだけど、意外と目立ってるのでは…と思うのですがいかかでしょう?

ちなみにB2Fの吹き抜けでは、キギ(植原亮輔・渡邉良重さん)とミナ・ペルホネンによるクリスマスイベント
SEND YOUR MESSAGE!!!! CHRISTMAS IMS」が行われています。
テーマはインターネット時代と逆行する「FAX」。毎週、キギとミナのオフィスからFAXで届くメッセージカードを
来場者が受け取って、その場で手紙が書けるというイベントです(詳しくはこちら)。
渡邊さんや皆川さんのイラストがFAXでガビガビっと劣化するのが、なんとも言えずかわいいので
合わせてぜひぜひチェックしてみてください。

展覧会、これまでに作られたテキスタイルを中心に、原画や皆川さんの製作中のメモ、
スタッフに宛てたFAX、これまでのコレクション映像などが展示されています。

特に原画を見ることで、あ、こんな風にデザインされているんだ、という作業の痕跡や
生地のパターンの作り方、トークイベントでもお話されていた、テキスタイルのモチーフと
作るときの気持ちのお話の関係など、これまで知らなかったミナの物づくりが伝わる素敵な展示になっています。
2013年1月7日(月)まで開催されていますので、ぜひお立ち寄りください。

今回の企画にお誘い頂いたアルティアムの鈴田さん、ミナの皆さん、スパイラルの金子さん、ありがとうございます!
(あと今回物販を担当されている青幻舎さんはTOKYO ART BOOK FAIRでブースが10zineと隣同士でした。
その節はお世話になりました。とっても楽しい3日間でした!)


* * * * *

minä perhonen 1995→

会場  三菱地所アルティアム(IMS 8F)
会期  ’12/12/1〔土〕~’13/1/7〔月〕※休館日12/31〔月〕、1/1〔火〕
開館  10:00-20:00
入場料 一般400円、学生300円(再入場可、高校生以下無料)
http://artium.jp/

デザイナー皆川 明により始まった《特別な日常服》の詩情溢れる世界観
 2010年に開催され大きな話題となったミナ ペルホネンのこれまでとこれからを示す展覧会『進行中』(スパイラル/東京)。それから2年を経て、ここ福岡で九州初となる個展『minä perhonen 1995→』を東京に続く巡回展として開催する運びとなりました。テキスタイルアーカイブに加えて最新のコレクションも登場するなど、ブランドの“現在”を知ることのできる展覧会です。

 ミナ ペルホネンは、1995年デザイナー皆川 明によりファッションブランド「ミナ」として設立。「特別な日常服」をつくりたいという気持ちから服作りを始め、2010年で創立15周年を迎えました。一貫して手作業から生み出される図案にこだわり、テキスタイル・洋服へと展開。その強いこだわりは、国内外の優れた技術を持つ工場・職人との密な連携のもと実現しており、生地の素材やプリント、繊細な刺繍、飾りボタンやレースなど細かなディティールまでデザイナーの感性が宿っています。またオリジナルテキスタイルの残り布も無駄にすることなく、新たな衣服に転換するアプローチやアーカイブをブランドの蓄積された財産として大切に扱う姿勢は、新しきものを価値とする既存のファッションの在り方に疑問を投げかけました。2006年に、毎日ファッション大賞 大賞を受賞。今年2012年には、東京スカイツリー(R)のユニフォームデザインを手掛けるなど、日本を代表するブランドとして国内外で注目を集めています。

 本展では、これまでの洋服とテキスタイルのアーカイブ、アイディアスケッチや原画、コレクション映像、プロダクトの仕事をご紹介します。手仕事のぬくもりと詩的な世界観が詰まったミナペルホネンの洋服とクリエイションは、私たちの暮らしに鮮やかな喜びと驚きを与えてくれることでしょう。この機会にブランドの世界観に触れ、お楽しみ頂ければ幸いです。

http://www.mina-perhonen.jp/

限定商品
本展を記念して、三菱地所アルティアム併設ショップ「AO(Art&Omnibus)」にて限定商品を販売します!

≪会場限定商品≫ ブックカバー、ポストカード(4種)
≪数量限定商品≫ uzura bag
≪その他≫ 靴下、トートバッグ、ステーショナリー、バッジ、陶器 など

日 時:2012年12月1日(土)~ 2013年1月7日(月)
会 場:AO (Art&Omnibus) イムズ8F
問合せ:AO TEL 092-733-2050 ※三菱地所アルティアムと共通の電話番号です

* * * * *

ミナ ペルホネン?[通常版]
ミナ ペルホネン
ビー・エヌ・エヌ新社
売り上げランキング: 42777
ミナのこれまでの集大成的な一冊です。

皆川明の旅のかけら
皆川明の旅のかけら
posted with amazlet at 12.12.17
皆川 明
文化出版局
売り上げランキング: 22056
皆川さんによる「装苑」の連載を一冊にまとめたもの。こちらもおすすめです。

KIGI キギ
KIGI キギ
posted with amazlet at 12.12.17
キギ 植原 亮輔 渡邉 良重
リトル・モア
売り上げランキング: 291667
キギさんの初めての作品集。レセプションでお話を聞けて嬉しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA