京都のMNRV&もじゅうりょくツアー

011
・音楽サイト「your unknown music.」でお世話になっているovaqeの松倉早星さんが

・プロデュースで関わられているホテル「HOTEL ANTEROOM KYOTO」で

・僕の大好きな大原大次郎さんの展覧会「もじゅうりょくツアー」をキュレーション(企画)されていて

・そこで松倉さんが手がける「学びのプログラム」MNRVが開催されて

・松倉さん、大原さん、デザイナーの原田祐馬さん、grafの服部滋樹さんの4人でトークイベントが行われる

・という情報を、昨年からスタートした松倉さんの関西クリエイティブポータル「CNTR」で知って…

京都に行ってきました。

2年前にホテル・ギャラリー・レストラン・オフィスの機能を持ったANTEROOMという場所が生まれ、
昨年から始まったCNTR、それに関わる人たちの情報発信によって、自分のSNSの上の情報の何割かは
関西圏のものになっていて、自分の中での距離感がすごく近いものになっていたのですが
それらを見ていると、とにかく楽しそうでおしゃれな雰囲気があり(大事なことです)、
これは一度現地に行って松倉さんと、その周りの力学を確かめねば!と思いまして。

004_cb 003_cb MNRVの「無重力トークセッション」では、「いわゆる」トークイベントのような進行にはしたくない
ということで、特にテーマを決めずにそれぞれが今考えていること、それぞれが活動していることなどを
展示中の大原さんによるワークショップを挟みながら進行。

途中、一部で話題になっている「徳利からの手紙」をみんなで聴いてみたり、脱線しているのかどうなのか…
みたいな状況にもなりつつ、意外とそういう所からポロッと大事な話に転がって行ったりして
これが意図していたことなんだろうな(無重力)と思いました。
「前に居酒屋で4人で話して面白かったので」というのがきっかけだそうで、納得です。

002_cb (休憩中、ワークショップで描かれたものを会場に貼り貼りの図)

4時間の長丁場だし、進行が決まっていないということでダレそうな気もするんですけど
みんな真面目に付いてきていて、ちょっと高めの2500円の参加費を払って60人以上が集まる京都、恐るべし…
ワークショップの途中、周りの参加している方にちょっと話を聞いてみたりしていると、
みんな「仕事の役に立ちそう」という気持ちというよりは、今、誰がどんな事をしていて何を考えているのか、
ということに対して職種にかかわらず興味を持っているのかな、と感じます。

こういう感覚は自分にもあって、Webを通じてさまざまな立場の人の話を目にすることで
自然と「読み方」が身に付いて来ているのでは…(というのが最近の自分の中の研究テーマのひとつ)

010_cb 009_cb 008_cb 007_cb 006_cb 大原大次郎さんの「もじゅうりょくツアー」展は、9月に東京の恵比寿で見たNoritakeさん、
蓮沼執太さんとの三人展「 I I I 」(さん)で見た文字のモビールやその発展形、スケートボードに
文字を彫った作品、登山家のクライミングルートを元にしたドローイングなど、これまでにいろんな場所で
展示されたりWeb上で拝見していた作品の実物を一同に見ることが出来ました。

大原さんの作品、アウトプットは膨大な手作業によるものですが、そこに至るまでの
アプローチや考え方は研究者のそれに近い気もしていて、こうした要素も作品の強さに繋がっている気がします。

ANTEROOM自体がアートをテーマにしたホテルということで、ギャラリースペース以外の場所にも
作品が展示されていて、空間のデザインと一体化してそれぞれがより魅力的に見える、素敵な展示でした。

005_cb (昨年末のイベントで、4人の作家によってライブペイントされた作品。右下の方に大原さんのタッチが。)

展示は終了していますが、こちらのサイトでオンライン展示&スクリーンセーバーもありますよー。

もじゅうりょくのモビール Online Exhibition
http://omomma.in/mojyuryoku/


MNRVのあとは近くのお好み焼き屋さんでの打ち上げにもお邪魔させて頂いて、
トークイベントの4人+CNTRの皆さん+αでいろいろお話が出来て楽しかったです!
たぶん4年ほど前から松倉さん、CNTRの皆さん、大原さんとはWebで繋がっていて
ずっとお互いの状況を見ている関係だったのですが、実際にお会いすることができて
バチッと何かが繋がった感覚がありました。

本当に楽しくて、近くに居たら毎週会いたいのに〜と思っていたら、サイトに「福岡行きたいよね」って
書いてくださってたのでドキドキしながらこの記事を書いている次第です。
ありがとうございました&ごちそうさまでした!

みんな(「皆さん」より少し打ち解けた表現)が遊びに来る時のために、少しずつ周りを暖められますように。


<おまけ>
京都の商業施設のフロアマップが大変クリエイティブだったので写真を撮りました。
すっごく分かりやすいデザインに脱帽です…。
001_cb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA