zineとガールズのこと。

001 お友だちのケンタロさんご夫妻に誘ってもらって、ライター・翻訳家の野中モモさんを囲む会に。
野中さんはzineのオンラインショップLilmagを運営されていて、
僕がzineというものの存在を知って初めて辿り着いたサイトだったので、ドキドキしながら同席させて頂きました。

002 野中さんが持って来られていた海外のzineたち。

003 今回の集まりのきっかけになったシモヅマさんが、野中さんのために作ったzine。

004 Lilmagで売られているパッチ(あて布)をリュックサックに。

006 ささき先生(祝・インターウォール出版!)にGBAのMOTHER3を貸してあげる

005 ささき先生がシモヅマさんにYeYeの魅力をプレゼンする(2次会のうどんウエストで)


Lilmagで扱われているzineは、Nieves以降のいわゆるアートブック的なものより
昔ながらのファンジン的な要素が強いものが多い気がします。

単純に文章や画像だけならブログやSNSでもいいのでは…という考え方もありますが、
文章や写真を切り貼りしたり、絵を描いたりと、「そのとき、その場所で」
何かを作った人の痕跡が残っているのが魅力のひとつだな、と再認識したのが今回の発見でした。

古いものから最近のものまでさまざまなzineたちを見せて頂いて、
人は年をとって大人になってしまうけど、こうした気持ちを持った瞬間はたぶん誰にでもあって、
こうして作られたzineたちが誰かの手に渡り、その人の心をじんわり温めるんだ…と
想像すると、思わずじーんと来てしまいました。


野中さんが翻訳された「ガール・ジン」は本格的な研究書だそうなので
(読んでなくて本当にお恥ずかしかった…買います!)これから勉強してみようと思います。


Lilmag—-zine and other publications.
http://lilmag.org/

ガール・ジン 「フェミニズムする」少女たちの参加型メディア
アリスン・ピープマイヤー
太田出版
売り上げランキング: 637,075

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA