ロケハン in 広松木工さん(大川市)

10月、KUSU HANDMADEのイメージ撮影の場所として、大川市の広松木工さんのショールームをお借りするという暴挙に出たチーム中村。かなり近い業種だというのに、快くOKして下さって本当に嬉しかったです。

というわけでまずはロケハンにお伺いしました。ここに来るの、とっても久しぶり。

002 中に入ると、憧れの広松コレクションが並んでいます。
家具をデザインされている、プロダクトデザイナーの森さんの息子さんが
ダカフェ日記」で有名な森友治さん、ということで、至る所にダカフェ写真の入ったフレームが。

003 こんな感じでテレビ台の上のテレビをイメージしたレイアウトになってたりして
面白いです。こんなコタツで過ごしたいものです…。

たまたまお仕事でいらしていた森さん(お父さんの方)にもお話を聞くことが
出来たのですが、このショールームも森さんの設計なんだそうです。
床の下に炭を敷いて心地良い空間にしているだけではなく、写真担当の友治さんが
商品を撮影するときのために、窓が基本的にスモークガラスになっていて
やわらかな自然光が入るようにデザインされているとのこと。

さらには外の植え込みから展示会のブースまでデザインされているそうで
単に家具をデザインするだけではなく、ユーザーにどう見えるか?まで
考えるところはぜひ見習いたいと思いました。

004 こちらは直接光が入るようにしている一角。
自分が喫茶店をやるんだったら、こんな感じがいいなあポワワワ…。

005 お子様向けのコーナーは、子供の想像力に真っ向から勝負できそうな
おもしろ家具が並んでいました。単に面白いだけではなく、上質感も感じられて
こんな仕上がりはなかなか見られないのではないでしょうか。

006 飛鳥工房さんの木のおもちゃやBIBBIDI BOBBIDI BOO brocanteさんの東欧雑貨など、
広松木工さんセレクトの雑貨も並んでいて、福岡の、しかも大川にこんな場所があることが
とっても嬉しくなります。

現在は中村さんの撮影も終わり、カタログも出来上がったので、今度お知らせしますね。


広松木工株式会社 : Hiromatsu Furniture Inc.
http://www.hiromatsu.org/


007 ロケハンのあとは近所のカレー屋さん「タージ」へ。
この辺りで打ち合わせがあるときは、積極的に狙って行きたい(わざと午前中に予定を入れたり!)
大好きなお店です。広いスペースとにぎやかなPOPの雰囲気が楽しいんですよねー。

008 今回注文したのは中村さんも「これしか食べない」という、ベンガルカレー。
トマトベースで魚介類を煮込んでいて、カレーというにはちょっと独特ですが、
うまみ成分の嵐!な濃厚な味わいで、ナンを食べるのを忘れてしまうほど…。

他にも大川ネタはあるので、またお知らせしますねー。

アジアンキッチン Taj タージ インドカリー専門店
http://www.tajp1.jp/index1.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA