八女「日向神 ほんだ」の山菜丼とハート岩

昨年に引き続き、九州ちくごげんき計画2(ツー)に講師として参加しています。
先日、八女市矢部村で減農薬茶を栽培されている千代乃園さんを訪ねた帰りに見かけた「山菜丼」の看板が
気になって、帰ってから調べてみたら「日向神(ひゅうがみ) ほんだ」という40年続いているお店だということを
FM福岡のサイトで発見したので、元気計画推進員の河原さんとぜひ攻めましょう!と
2度目の訪問の途中に行ってみました。

006 ここです。前情報が無いと、入るのにちょっと勇気の要る雰囲気。

002 003 メニューにはお寿司もありました。好物なのでちょっと気になりつつ、初志貫徹で山菜丼を注文。
(あとで千代乃園さんに聞いたら「ほんだ寿司」と呼ばれていたので、
地元の方はお寿司を頼む方が多いんでしょうか…)このメニューのレイアウト好きです。真似したい。

001 窓からは八女の隠れパワースポット「ハート岩」が見えます。雨の日には岩の中央の割れ目に雨が流れて
デートには逆効果らしいので要注意です。赤い橋の辺りまで行くと、また違った見え方で面白いそうですよー。
この辺りは日向神峡(ひゅうがみきょう)と言われる場所で、日向の神々が美しさに惹かれて
降り立ったという伝説が残っているそうです。紅葉や桜の時期はとても綺麗なそうで、
これから1年間訪れるエリアなので楽しみです。→詳しくはこちらのサイトを参考にどうぞ

004 そして出てきた山菜丼(850円)。里芋が入ったお味噌汁と、お漬物が付いてきます。
窓からいい具合に光が入ってきて、とても綺麗。
ぜんまい、筍などの山菜が甘いお出汁で炊かれて卵でとじられています。
とっても美味しいのですが、最近食べ盛り(32歳)なのでもう少しお米が欲しかったかも。

山菜は高齢者の方が山に入って採集されたものを分けてもらっているそうですが、
最近は需要が減って市場(?)価格も下がっているそうです。
ほんださんでは山菜丼、かつ丼(670円)よりも価格が高くて最初はえっと思ったのですが、
山菜を食べるために必要な作業の手間暇を聞くと、これはちょっとした高級食材だな、と
考えを改めました。他のお店でも山菜メニューを見かけたら積極的に狙って行きたいです。

005 ほんだのお母さん自慢の、コカコーラのノベルティお盆。ホーローのような素材でとても丈夫で
状態が綺麗なら、ハワイなどでは高値で取引されているそうです。
お店のご夫婦のお話も面白くて、また行ってみたいです。


日向神ほんだ
八女市矢部村矢部60-11
朝11:00~20:30 定休:不定
TEL0943-47-2271


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA