LEVI'S 501 XX
April 13th, 2013 / 10:16 / Goods

[Standard]charmin(poupee de son)でLEVI’S 501 XXを購入

お世話になっている街のファッションリーダーに、最近、
「洋服は好きなんですけど、どうも自分の格好がダサいんですよね…」と
お悩み相談してみたら、いろんなお話を聞かせて頂くことができて、その中でも

自分たちの世界で人のスタイルを見るときの判断基準は、オーセンティック(オリジナル)を
理解しているかどうか。今の服、特に日本のものはオリジナルを咀嚼していて誰でも似合うけど、
それ以上のスタイルにはならない。オリジナルの服は当時のシルエットや素材感だから
最初はどうしようもなくダサくなるけど、それを工夫して着るのが面白い。
LEVI’Sの501とかBarbourとかマッキントッシュとか、そういうのに絞って買ってみたら?


というアドバイス(ややうろ覚え)が取り入れやすそうだったので、4月は新生活のシーズンよ!と
さっそくその通りに行動して見ることにしました。

002 というわけで、一本目は定番のLEVI’S 501を探してみることに。現在の新品だとデザインが
かっこよくリニューアルされているので、古着屋さんを狙います。
玉石混交のお店だと上手く探せない気がしたので、記憶に残ってた福岡・今泉のcharminさんに行くことに。

001 ほとんどのジーンズが501なので、ここなら安心!お店の方にいろいろ教えてもらいながら
試着を繰り返します。置かれている数は多いけど、僕のサイズだとほとんどが8分丈になってしまうので…

003 最終的には数本の選択肢の中から、比較的色落ちの少ないものを購入しました(3980円。安い…)。

004 昔は主張が激しい!と苦手だったタブとステッチ。そういえば10代の学生時代、おしゃれな人は
みんなこれとパタゴニアとかNORTH FACEのシェル(で教室でrelaxを読んでる)、
みたいなスタイルだった気がします。

005 そのまま履くとフランスのインディーズバンドの人(ダサい感じの)になってしまいそうなので
ロールアップして履いてみます。お会いする可能性がある人、ダメな感じだったらツッコミ入れてくださいね。
こんな感じで、定番モノを買ったら報告していこうと思います。


*ちなみにcharminさん、4/18(木)〜福岡西方沖地震の影響で閉店していた
「poupee de son(プペ ド ソン)」の名前でリニューアルオープンするそうです。
17(水)にはリニューアルに伴い、とんちピクルス&塚本功のライブイベントを開催。
19時開場、20時開演、FREE DRINK&FREE FOOD(要投げ銭)とのこと。
詳しくはブログをどうぞ。


↓ちなみにスタイリストのソニア・パークさんの本を愛読しています。ソニアさんは501を4本を
ローテーションしているそう。写真に写ってるのがステッチが白のモデルで気になります。
どこで買えるんだろう(バカ高くないといいなあ)。

ソニアのショッピングマニュアル
ソニア・パーク
マガジンハウス
売り上げランキング: 75,690

RELATED POSTS
COMMENTS
コメントはまだありません »
コメントを残す

CAPTCHA