taromagazine™ / taro misako
SEVEN ELEVEN
塩と海苔と具。
/
2013.5.2

001 (2) 最近、セブンイレブンで見かけるおにぎりの広告が気になっています。

決して言い過ぎたり、雰囲気でごまかさない事実を伝える言葉を、白と赤文字のコントラストの高い組み合わせ
(日本の国旗の配色で、間接的におにぎりを表現しているのか?)でシンプルに伝え、
左側の写真にはおにぎり単体ではなく、ターゲットにしたい若い女性とおばあちゃんを配置。
会社勤めだったとき、確かに女性はみんなサンドイッチとスープ春雨、
みたいな組み合わせが多かった気がするもんなー。

気が付けばセブンイレブン自体のキャッチコピー(タグライン?)も「近くて便利」になっていて、
広告の世界がネクストステージに移行している空気を感じています。
ライバル会社の「マチのほっとステーション」や「あなたと、コンビに、」が、これからどう出るかが見ものですね。