8/18(日)まで無印良品グランフロント大阪 Open “MUJI” 開催中です。

IMG_1079 IMG_1063 IMG_1129 今年の4月にロゴマークのデザインで関わらせていただいた、無印良品 グランフロント大阪のOpen MUJIという
スペースで、今週末の8/18(日)まで「Open “MUJI”」というイベントが行われています。
無印良品のくつ下を製造している、奈良県・磯城郡にある吉谷靴下株式会社さんに取材して教えて頂いた
くつ下の製造工程、Open MUJIのディレクターであるユトレヒトの江口宏志さんが見つけたくつしたの10の秘密など、
くつ下をさまざまな角度からオープンにしていく企画です。

今回は奈良の取材に同行して写真や動画を撮影したり、DMのデザインや会場構成のプランを考えさせて頂いて
普段のお仕事では考えられないぐらい幅広い動きが出来てとても楽しかったです。
江口さん、店長の松枝さん、宣伝販促室の三浦さんのほか、夜遅くまで設営にお付き合い頂いた
店舗スタッフの皆さん、ありがとうございました。まだ会期中ということで、写真は少しだけ…

IMG_1114 IMG_1113 IMG_1115 DMは、江口さんのアイデアでくつ下型にしました。形が変わっているからか、手渡しすると
ほとんどのお客さんが持って行ってくれるので、これは上手くいったな、と思いました。
説明用のシートも、今回のためにデザイン。

IMG_1007 IMG_1004 11日に行われた吉谷靴下の「くつ下のことだけ考えて50年」「直角くつ下先生」、向井道郎さんと江口さんとの
トークイベント「直角くつ下トーク」も想像以上に深い方向に盛り上がり、大盛況でした。
会期はあと5日ありますので、関西方面の方、旅行に行かれる方はぜひお立ち寄り下さい。


無印良品 グランフロント大阪「Open “MUJI” その1 足なり直角靴下」
期間:2013年8月10日(土)~18日(日)
無印良品 グランフロント大阪「Open
「Open “MUJI”」は、無印良品のことをもっともっとオープンにしていく企画です。
無印良品のあの商品を、誰がどんな思いで、どんなやり方で作っているのか、どんどんオープンにします。
第一弾は無印良品のヒット商品「足なり直角靴下」。
日本一のくつ下の産地である奈良県の磯城郡にある吉谷靴下株式会社を訪れて、くつ下のことを1から10まで教えてもらいました。
くつ下について素朴な疑問から、思ってもみなかったことまで、まとめてくつ下のことだけ考える9日間です。

開催場所
無印良品 グランフロント大阪 “Open MUJI”

企画展示
2013年8月10日(土)~18日(日)

入場料
無料

主催:株式会社 良品計画
企画、運営:無印良品 グランフロント大阪 Open MUJI、UTRECHT
協力:吉谷靴下株式会社、アレナ チェルマ-コバー
会場構成、アートディレクション:三迫 太郎

Open その1 「足なり直角靴下」ができるまで
「足なり直角靴下」を製造する吉谷靴下株式会社の工場で、くつ下ができるまでを見学してきました。
「一足のくつ下にこんなに手間がかかっているのか!」って、きっとびっくりすると思いますよ。

Open その2 くつ下にまつわる10の秘密、教えます。
1.1足1,700m?
2.直角の理由
3.「はき心地がいい」ってなんだろう?
4.フットカバー大研究
5.世界のくつ下干し事情
6.RとLってどこが違うの?
7.あのチェコのおばあさんに再会しました
8.くつ下と数
9.4分33秒のくつ下ムービー
10.穴のあいたくつ下、どうする?

http://www.muji.net/mt/events/021664.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA