「Unity」でiPhoneゲーム開発

Mac App Storeが話題な今日ですが、最近興味津々なのが「Unity」というゲームエンジン。

以前から存在自体は知っていたのですが、最近のバージョンではiOS、Androidを初め
PS3などのコンシューマ機用の3DゲームをGUIベースで開発することができるということで、
にわかに盛り上がってきています。

最近買ったいくつかのiPhoneゲームにも、起動時にUnityのロゴが表示されるものが多く
流行ってるなーというのを肌で感じています。

↓どんなゲームが作れるかは、実際の製品紹介を見て頂けると分かりやすいかと。



これだけだと、へー、作り易いんだーという印象ですが、
Radiumさんのこの記事と、この動画を見て目覚めました!



Flashを扱ったことがある方なら、この簡単さが分かるはず!
スクリプトはjsやC#など、数種類から選べるみたいですよ。

通常版のライセンスは無料で、iOS用のライセンスは400$。
まずは日本語約のドキュメントを読みながら、時間を作って触ってみようと思います。
簡単なゲームを115円で売って、2万本ぐらい売れると仕事の代わりになるのですが…(妄想)


Unity – Japanese information
http://unity3d.com/japan/

UNITY
http://unity3d.com/unity/download/

2件のコメント

  1. key - 7年 ago

    妄想するよね~

  2. タロウ - 7年 ago

    ですよねー。ぜひ先生も参加してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA