澤田みかん山 2014年の収穫

IMG_2620 軽トラの助手席で、お父さんから作業の説明を受けているところです。

毎年恒例、この時期はeさんの実家「澤田みかん山」の、デコポン収穫が行われています。
今年はお正月の帰省中に1日だけお手伝いすることが出来たので、その様子を紹介します。

<これまでの収穫の様子はこちら>
2013年(CONTAX G1)
2012年(SONY NEX-5)
2011年(NIKON D40)
※毎年撮影環境が変わっているのが飽きっぽい面白いですね!
 ちなみに今年はCanon EOS 6D。毎回メーカーまで違う…

IMG_2629 まずは比較的作業のしやすい、平地の畑から。

IMG_2757 IMG_2639 今年は色付きがよく、大きな実がたくさん付いたそうで、お父さんも嬉しそう。

IMG_2641 足元に集荷用のコンテナを並べながら、ときには足場にしながらみかんバサミで収穫していきます。

IMG_2644 BGMが欲しくなってネットラジオに頼る三迫氏(いつものSomaFMです)。

IMG_2651 キズが付いたデコポンを試食してみる。通常、この時期に収穫されたデコポンはまだ酸味が強く、収穫後に2〜3ヶ月倉庫で眠らせて
甘みを強くして出荷するのですが、このままでも食べられるぐらい、さわやかな甘味と果実のプリプリ感。美味しいです!

IMG_2658 今年は初めて剪定をしながら収穫をするというコツを教えてもらったので、
次に自分が通るときに動きやすいよう、枝を切ってルートを確保するのも頭を使うので楽しかったです。

IMG_2672 IMG_2670 お昼休みはさっとご飯を食べます。自家製の栗と唐芋の栗きんとんが美味しい!
箱根の大学生たちも頑張ってました。

IMG_2679 雨が気になってきたので、家の近くの畑に場所を移します。これはお父さんと二人で木に登っているところ。

IMG_2681 お母さんはアフタヌーンティーにありそうなジャケットを着ていました(似合ってました)。

IMG_2717 お茶の木。みかん山のところどころに生えていて、初夏には茶摘みも行われます。

IMG_2752 IMG_2758 IMG_2763 夢中で収穫しているうちに、この日の作業は終了!おばあちゃんの写真もガーリーに撮れました。

みかん山がある熊本県芦北郡・津奈木(つなぎ)町では、ほかの田舎と同じように少子高齢化や土地の開発計画などによって、自然が少しずつ失われています。
そんな状況の中、お父さんは、農業は町の風景の一部だから誰かが守らなければ…という思いを持って、日々の農業に取り組まれています。

僕自身も力不足感を感じつつ、もっと何かの形でお手伝い出来るように、日々のお仕事の中でヒントを見付けていきたいと思っています。
(逆にみかん山のことを考えることが、他の農家さんなどのお客さんのことを考えることになったりするので、何事も無駄になりませんね…!)

IMG_2747 IMG_2767 収穫されたデコポンは蔵の中で甘みを増し、美味しくなった頃を見計らって
「さわポン」の名前で出荷されます。今年も3〜4月頃には通信販売を始める予定ですので、お楽しみに!


澤田みかん山
http://www.sawadamikan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA