[浜松]はままっくすデザイン会議・手打ち蕎麦 naruのケータリング

SONY DSC 浜松2日目、はままっくすデザイン会議のケータリングを担当されていたのは地元で人気の「手打ち蕎麦 naru」さん。
蕎麦感が全く感じられない黒板から、うちは普通の蕎麦屋じゃねえ!という意気込みが感じられます。

SONY DSC SONY DSC ビュッフェ形式ですが、スタッフの方がずらりと並んでいて、来場者はお皿を持って順番に全ての品を
盛ってもらうことに。このとき、これはどこどこで採れたものです、これはスタッフの実家のしらすを使いました。と
それぞれの料理を紹介してもらえるので、ちょっとしたコース料理を頂いているような気分に。

SONY DSC この日のメニューは

・スズキの昆〆
・菜の花のしらす和え
・野菜のおひたし
・手造りがんも
・出汁巻き玉子
・キャベツロール
・ナス田楽
・とりの手羽揚げ
・そばガレットロール(生そばは打ちたてが出せないからNGらしい)
・豚ロースおろし玉ねぎソース
・ひと口フライ(新玉ねぎ、マッシュルーム、黒はんぺん)
・しらす入りお稲荷

キャッシュオンの飲み物は、みかんのハイボールを頂きました。
地の物を使って楽しくなるような彩りにしましたと、オーナーの「ゴリさん」こと石田貴齢さん。
浜松って意外と色んな野菜が採れるんですよ、というお話の通り、この一皿を見るだけで
この土地の印象が変わりそうな、素敵なプレゼンテーションでした。

naruさんでは浜松の芸術大学である静岡文芸大の生徒さん達をアルバイトとして雇い、
店内にギャラリーを設けて浜松内外の作家の展覧会を行うなど
クリエイティブな人々が集まれる場所づくりにも力を入れられているそうです。
↓詳しくはこちら

浜松のユニークな本屋に学ぶ、「住む場所を選び、『好き』を仕事にする人々」の豊かな生き方 : ライフハッカー[日本版]
http://www.lifehacker.jp/2014/03/140318hamamatsu_life.html

実はこの日、夜にnaruさんのケータリングがあるからと、お昼は別のお店に行ってしまったんですが
次に来るときは絶対に食べに行かねば…と思いました。
naruの皆さん、ごちそうさまでした!


手打ち蕎麦 naru
http://www.narusoba.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA