[広島]福山市 鞆の浦へ。

SONY DSC SONY DSC SONY DSC 祖母の白寿のお祝いに、親族で福山市の鞆の浦へ。
スタジオジブリが2004年に社員旅行で訪れたという「ホテル鴎風亭」という宿に宿泊しました。
このとき宮﨑駿(偉大過ぎて呼び捨て)が鞆の浦を気に入り、2005年〜2006年の間に一軒家を借り切って
自炊生活を行いながら考案されたのが「崖の上のポニョ」なんだそうです。(詳しくはこちら
入江の雰囲気なんかは見るからにポニョっていて、ライトなジブリファンでも心が躍りました。

SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC あまり歩き回る時間は無かったけど、同じく宮﨑駿が訪れていた大分の日田のような落ち着いた雰囲気と
昔から続いている漁村の生活感の近さ、至るところにある神様の気配(神社や、神社的な何か)がとても良かったです。

村上製パン所というパン屋さんでは、宮崎さん(親しみ!)はあんパンをよく買われてました、と聞いて
あんパンとうぐいすパンを購入。この地区の学校給食にも使われているそうです。

宮﨑駿が設計図案を作ったという「御舟宿 いろは」は中には入れなかったけど、夕食の準備の様子を
外から覗いてみると、大好きな対談集「虫眼とアニ眼」で描かれていた、理想の村の風景を
思わせるような世界が広がっていて、いつかまた来て泊まってみたい…と思いました。

SONY DSC SONY DSC 翌日は府中市の祖母の実家へ。祖母は普段、北九州の両親の所に居るので久しぶりの帰省でした。
99歳という年齢は三迫家の歴代No.1らしいので、これからも元気に記録を更新して行って欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA