毎日新聞社主催・アートフルコンサート

たまたま招待券を頂いて、アクロス福岡で行われた「アートフルコンサート」というイベントに行ってきました。
このチラシのデザイン、すっごいざっくりしてるけど、コピーも含めてこれはこれで伝えたい事は書かれてるし、いいんだろうなあ…。

ドイツ・フランス・イタリア・日本の伝統的な歌曲を、「千の風になって」でおなじみのテノール、秋川雅史さんをはじめ

ピアノ/清水和音
バリトン/大島幾雄
ソプラノ/澤畑恵美(敬称略)

という、日本を代表する声楽家・ピアニスト(僕は詳しくないので誰も知りませんでした…)が演奏するチャリティイベント。
曲の初めにはなぜかタレントのベッキーさんが登場し、歌詞の内容を朗読するのですが、これがとても良かったです。

演奏や歌がどれだけ上手でも、特にクラシック音楽の場合は「何を歌っているか」が分からないと
今ひとつ集中できなかったりするので…。

※ロビーの様子。声楽家の皆さんと一緒にベッキーのCDもしっかり売られてました。

特に面白かったのが「松島音頭」などの日本の歌曲で、これらが朗々と歌い上げられる様子は
これまで体験したことがなく、他のお客さんも大盛り上がりでした!

曲の合間で入る、RKBのアナウンサーさんと出演者の人たちによるMCも
ヨーロッパでの生活や食の話、お仕事についての話など、音楽に詳しくない人でも
興味が持てて、演奏が楽しくなるような工夫がされていて、これにはなるほど、と感心。

中でもベッキーさんは話も上手で、下品にならない程度に自虐的な笑いを提供するなど
お若いのにしっかりしてるなーという印象で、姿勢も綺麗でとても好感が持てました。

最後の出演者全員による「千の風になって」も、盛り上がりましたよー。
普段ではなかなか体験できない、面白い時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA