taromagazineが選ぶ、2010年iPhoneゲーム大賞(前編)

以前紹介していた「個人ブロガーが選ぶiPhone 2010年ゲーム大賞」の締切りが今日までということで、
あわてて選んだ作品を送付しました(トシさん、ギリギリですみません…)。
せっかくなので、ここでも各作品を簡単に紹介させて頂きたいと思います。
客観的な面白さより個人の好みを優先させているので、買ってみて面白くなかったらすみません。

ではでは、どうぞ!


1. 大賞ゲーム:The Incident(230円)



主人公の頭上から突然降ってきた落下物を、足場にしながらどんどん登っていく…
という、本当にシンプルなゲーム。SFCの「MOTHER2」を思わせるグラフィックと
ファミコンテイストのBGMのクオリティが異常に高いのが特徴ですが、
一番のポイントは主人公の高度が上がっていくにつれて、背景や落下物を通して
少しずつ分かってくるこの異変の状況と、エンディングの演出でした…。
iPhoneゲームだけではなく、自分の中のゲーム史に残る名作だと思います。
糸井重里氏やウィスット・ポンニミット(タムくん)の作品に通じるものを感じました。
ちなみにMac App Store版もあり、iPhoneをコントローラーにして遊べます。

(購入リンク)The Incident – Big Bucket Software


2. マイナー賞:Corporate Fury(230円)



ある企業を舞台に、主人公をパワーアップさせながら同僚や上司を倒して
ランキングを上げていく、アリーナ(闘技場)タイプの格闘アクションゲーム。
かなりブラックな内容なのですが、熱血硬派くにおくん世代にはたまらない
必殺技購入システムや、お金を稼いでランキングを上げるだけのシンプルな内容には
妙な中毒性があります。あまりオススメはできませんが、バイオレンスな描写が大丈夫な方に。

(購入リンク)Corporate Fury – Swinecrafters LLC


3. アイデア賞:The Hero – 2nd Edition(115円)



どう見てもMr.インクレディブルなビジュアルに目が行きますが、徘徊するゾンビを倒し、
ビルから落下する赤ちゃんを救い、火災を消化し、隕石を砕く…!と、
思う存分ヒーローっぷりを楽しめるゲームです。もうちょっとSEが良かったら…
という気がしますが、画面のデザインも含め、一見の価値ありな作品です。

(購入リンク)The Hero – 2nd Edition – Chillingo Ltd


4. アップデート賞:ストリートファイターIV(900円)



実はあまりプレイしていないのですが、キャミィ、ディージェイ、サガットと、
アップデートの度に少しずつ追加されるキャラクターには
昔のゲームセンターの、時限式で追加される雰囲気を感じて懐かしい気持ちになりました。
というわけでアップデート賞です。

(購入リンク)ストリートファイターIV – CAPCOM


5. 無料で賞:one-dot enemies(無料)



無料のゲームはあまり遊ばないのですが、iPhoneの高解像度を逆手に取った
1ドットの敵をプチプチ潰すだけ、というゲーム内容にはなるほど!と
思いました。ゲーム性はほぼ無いのですが、音と画面のデザインのまとまりが良く、
一つの雑貨のような仕上がりになっていると思います。

(購入リンク)one-dot enemies – STUDIO-KURA


6. RPG賞:ジェームズ・キャメロン アバター(セール中・115円)



ゲームロフトの作品、その1。動画は3GのときのものなのでiPhone4ならもっと綺麗です。
tarologでも紹介していたのですが、アバターの世界をかなり高いレベルでゲームと融合させることに
成功していると思います。ジャンルはアクションなのですが、内容としてはRPG寄りなので、RPG賞に。
馬に乗って広いフィールドを走りまわるのが楽しいですよー!セール中なので、
遊んでいない方はこの機会にどうぞ。App Storeの評価が低いのが謎です。

(購入リンク)
ジェームズ・キャメロン アバター – Gameloft
ジェームズ・キャメロン アバター 無料版 – Gameloft


7. アクション賞:Spider-Man™: Total Mayhem(800円)



ゲームロフトの作品、その2。
ここの作品はオリジナルのものは有名ゲームのコピー商品が多いのですが、
映画のゲーム化についてはアバター同様、安定していい物を作っている気がします。
敵の攻撃は基本的に全て「スパイダーセンス」で自動的に回避、
穴に落ちてもスパイダーウェブでノーリスクで復活と、初心者にもやさしく
スパイダーマンらしい試みに、原作のファン、ゲームファンともにニヤリとするはず。
ゲーム性としてはまさかスパイダーマンとGod of Warが融合するなんて思っていませんでした。
クモの糸で雑魚を豪快に振り回す楽しみを味わっていただきたいです。

(購入リンク)
Spider-Man™: Total Mayhem – Gameloft
Spider-Man: Total Mayhem 無料版 – Gameloft


8. シューティング賞:circuit_strike.one(セール中・115円)



シューティングは良作が沢山あるのですが、あえて紹介したいのがこの作品。
仮想空間での戦い、サーバを破壊して脱出…というありきたりな設定ですが、
音楽と映像の相性がとても良くできていて、他のSTGにはないインパクトがあります。
バージョンアップで操作性が良くなってしまったのですが、昔の方が自機を動かしにくくて
それが独特の閉塞感に繋がっていたのですが…それでも面白いです。

(購入リンク)
circuit_strike.one – Chillingo Ltd
circuit_strike.one lite – Chillingo Ltd


9. カード・ボード賞:該当なし
すみません、基本的に動きの激しいゲームが好きなので遊んでませんでした…。


taromagazineが選ぶ、2010年iPhoneゲーム大賞(後編)に続きます>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA