[A View from Above]インゲヤード・ローマン講演会 DM&ポスターのデザイン

Processed with VSCOcam with a6 preset 昨年行われた「DESIGNEAST 05 CAMP IN ARITA」のお仕事がきっかけで知り合った、
デザイナーの柳原照弘さん(1616/ arita japan、KARIMOKU NEW STANDARD)からのお誘いで
佐賀県の有田焼創業400年事業の一つ、「2016/ project」関連プログラム「A VIEW FROM ABOBE」の
印刷物や撮影・映像記録のアートディレクションのお手伝いをさせて頂いています。

「2016/ project」は有田焼をクリエイティブ産業として振興する佐賀県が、
東インド会社(VOC)を通じて歴史的に有田とつながりが深いオランダ王国と共同で行っているプロジェクトで
有田焼400周年となる2016年に向けて、世界各国のデザイナー16組を招聘して有田の窯元と
「2016/」ブランドの商品開発を行います。

それと同時に、2016年だけの活動で終わってしまわないよう、2017年以降も続いていく
ものづくりとデザインが活発に交わる長期的なプラットフォーム(環境・状況)を作って行くための仕組みが
「A View from Above」。これから2016年に向けて、さまざまな企画が行われます。

というわけで、1回目のイベントとなるスウェーデンを代表するデザイナー/陶芸家の
インゲヤード・ローマンさんによる講演会のDMとポスターのデザインが完成しました。

inge04 ↑ポスターはこちら。A2サイズです。

温かい表情のインゲヤードさんとガラス作品の硬質なイメージを2トーンの色で表現しながら
ヨーロッパ・北欧的な印象も伝わるように、文字情報だけでレイアウトして機能的な印象を出し、
フォント自体は信頼感と優しさを感じさせる骨太で曲線的なものを選んで制作しました。

タイトなスケジュールでしたが関係者の皆さんにも喜んで頂けて嬉しいお仕事です。
講演会は今週末、2015年10月3日(土)の15時〜17時、有田の九州陶磁文化館で行われます。
入場は無料。青山のCIBONEで行われたトークイベントも好評だったようですので、
作る人・使う人を問わずもの作りに興味のある方はぜひ足を運んでみてください。
当日は撮影に同行するので、どんなお話になるのか楽しみです。


ingegerd_DM_A5_design2 ingegerd_DM_A5_design2
A View from Above
北欧を代表するデザイナー インゲヤード・ローマン講演会
ファシリテーター 柳原照弘(2016/project クリエイティブディレクター)


2015年10月3日(土) 15:00 – 17:00
九州陶磁文化館 講堂(〒844-8585 佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙3100-1)
参加無料/予約不要
講演会後に交流会を開催予定(参加費500円 税込/先着80名)

有田焼創業400 年事業の一つ「2016/ project」(2016arita.com) に参加する世界的なデザイナー、インゲヤード・ローマン。
昨年から有田の窯元を訪れものづくりを続ける彼女が、有田で講演会とワークショップを開催することとなりました。
長年に渡りガラスデザイナーとして、また陶芸作家としても活動する彼女は一体どのような思考、プロセスを経て
プロダクトを生み出しているのか、また、現在行っている有田でのものづくりについてなどをじっくりと語って頂きます。
大変貴重なこの機会にぜひ、有田に足をお運びいただけますと幸いです。ご注目の程、どうぞよろしくお願い致します。


ワークショップ(受付は終了しました)
日常の中からデザインを生み出す、インゲヤードの思考とプロセスを体験するワークショップ。
インゲヤードのアドバイスのもと、スケッチとろくろをひき、日常の道具を作ります。(

日時 : 2015年10月4日(日)11:30 – 16:00
会場 : 瀬兵窯(〒848-0026 佐賀県伊万里市大川内町丙平尾1964)
参加費 : 5000円(税込/材料費、昼食代込み、有田駅からの送迎付)
定員:15名(要予約・18歳以上)


インゲヤード・ローマン/Ingegerd Råman
スウェーデン生まれ。シンプルで流行に流されないデザインを生み出す、現代のスウェーデンで最も優れたガラス・陶器デザイナーの1人。控えめだが暖かくやわらかな彼女の作品は、喜びや美しさに溢れ、「そのものが使われて初めて自分のデザインの価値が生まれる」という変わらぬ姿勢を長きにわたり貫いている。JohanforsGlassやSkruf、Orreforsといったスウェーデン国内のブランドを中心にデザインを提供する他、ストックホルム国立美術館、コーニングガラス美術館などで展示を行い、国際的なデザインアワードを数多く受賞している。

柳原 照弘/Teruhiro Yanagihara
1976年香川県生まれ。デザイナー。2002年自身のスタジオを設立。KARIMOKU NEW STANDARDや1616/ arita japan等の国内ブランドの設立に携わるほか、国外の企業にもデザインを提供している。作品所蔵:フランス国立造形センター(CNAP)等。現在は佐賀県有田焼創業400年事業「2016/project」クリエイティブディレクター、DESIGNEASTディレクター。共著に「リアルアノニマスデザイン」(学芸出版)、「ゼロ年代11人のデザイン作法」(六曜社)など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA