MINOU BOOKS & CAFE ロゴデザイン

minou01 minou02 福岡県うきは市吉井町に、衣・食・住といった生活まわりの本からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに
いつもの日常に彩りを加えるような本が集まるブックカフェ「MINOU BOOKS & CAFE」が今年9月にオープン。
ロゴのデザインを担当させて頂きました。

nogawa (写真はMINOUのWebサイトより。撮影は写真家の野川かさねさんによるもの)

minou03 流行りに左右されず、長年使っても飽きないこと、地域に開かれた公共性のあるデザインにしたい、というご依頼で、
うきは市から見える耳納(みのう)連山の山々の連なりと、水の豊かな吉井町を流れる川の流れからイメージした
「Minou」の文字を手描きしたものをロゴにしています。
地域の方々の暮らしの風景を店名と同化させることで、お店が地域に開かれた場所であることを伝えるようにしました。

minou04 ロゴタイプ(文字)はイギリスの彫刻家であるエリック・ギル氏が1920年代に制作された「Gill Sans」という書体を使用しました。
石碑を連想させる流れるようなラインと直線のバランスが特徴的な文字を、ゆったりと配置することで
伝統的なイメージと現代性を感じさせるバランスを目指しました。

ロゴでの使用だけではなく、お店のオフィシャル書体としても選定させて頂いたことで
別の方がデザインされた店内サインやメニュー等でも統一されたイメージを表現することができます。


IMG_2458 オーナーの石井勇さんとは石井さんが前職で福岡市内に住まれていた頃からのお付き合い。
職場のWebサイトの制作やVIOROでのトークイベント、のユトレヒトさんと10zineとの共同イベントなど
本当にお世話になっていて、今回の新しい活動のスタートもとても楽しみにしています。

本当はオープン当日に駆けつけたかったんですが、ここ数ヶ月は本当に忙しかったので実現できず
11月に入ってようやくお邪魔することが出来ました。
(車を持っているお友だちに一家で連れて行ってもらいました。感謝!)

同じく吉井町の「四月の魚」さんの斜め向かい。元魚屋さんだった建物をリノベーションされています。
空間デザインはSpumoniの有吉祐人さん。

IMG_2459 実際に自分のデザインが使われているところを見ると嬉しくなります。

IMG_2460 選定したフォントがサインに使われている様子もチェック。

IMG_2477 IMG_2475 店内はクリーンな雰囲気にまとまっていて、ほっこりした感じだとか、ちょっと海外っぽくしよう、みたいな印象のない
いい意味で「上質な普通」の空間だな、と思いました。改めて写真を見ると、植物以外の装飾的なものが店内に殆ど無いからかもしれません。
本棚などの家具は、国内生産にこだわって人と環境にやさしい製品を作っている地元の「杉工場」さんに依頼されたそうです。

IMG_2467 コーヒー豆は久留米の「COFFEE COUNTY」さんのもの。
ロゴがスタンプになって、袋に押されています。

IMG_2472 これまでもzineや書籍の制作・出版も行われていて、デザインや編集もご自身で手がける石井さん。
ロゴと書体の指定だけで、こんなに素敵なメニューを作られていました。

IMG_2474 本棚の目立つ所に最近おすすめされて気になっていたアンソニー・ボーデイン「キッチン・コンフィデンシャル」を見つけたので購入。
うきはは食材が豊富で生活に対する意識の高い人が訪れるエリアということもあり、食関係の本が良く動いているそう。

IMG_2464 石井さんはお店の他に、自身が参加する地元のバンド「Autumnleaf」と一緒に音楽レーベル「wood/water records」を運営されています。
これまでは福岡市内を中心に活動されていましたが、最近では拠点がうきはに移ったこともあり、
アイスランドのKira Kira、カナダのI Am Robot And Proud(Autumnleafの曲のリミックスも手がけている!)などのうきは公演を行い、共演されるなど
自分たちの暮らす場所を意思を持って作ろうとされていて、福岡市内でずっと受け身の活動ばかりしている僕はとても刺激を受けています。

石井さんとMINOUの、これからの活動が楽しみです!


* * *
(以下、公式サイトより)

耳納連山の麓、うきは市吉井町にある、本屋とカフェ、地域の品々を取り扱うお店です。衣食住といった生活周りの本からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えるような本をセレクトしています。

 ひとことに暮らしと言っても、その形は、人や住む環境によって様々です。耳納連山と筑後川に挟まれた豊かな土地が広がる環境と、そこに住む人たちの暮らし中にある本屋とは、どういう場所だろう?どこにでもあるようで、ここにしかない、様々な形の暮らしを考えてみる場所を作っていきたいと思います。

MINOU BOOKS & CAFE
PHONE: 0943 76 9501
ADDRESS: 〒839-1321 福岡県うきは市吉井町1137
OPENING HOURS: 10AM – 7PM , 火曜定休
http://minoubooksandcafe.com/


キッチン・コンフィデンシャル(新装版)
アンソニー・ボーデイン
土曜社 (2015-03-31)
売り上げランキング: 46,126

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA