MBP 13″Late 2016を3ヶ月使ってみた感想

2012年にデザイニング展の企画で編集者の岡本仁さんと街歩きをしたとき、岡本さんのジャック・スペードのキャンバスバッグから裸で出てきたのを見て「これだ!」と思って購入したMacBook Air 11-inch。フルスペックでオーダーしていたおかげで5年近く現役で使い続けてまだ使えそうだったけど、ディスプレイの解像度(1,366 x 768px)への不満が大きく、昨年末にMBP(MacBookPro 13-inch, Late 2016, 2,560 x 1,600px)に乗り換えた。

スペックはこんな感じ。SSDは512GBにした。アップルストアで税込み223,344円。

Touch Bar

外部ディスプレイに繋ぐことが多いのと、2016年内の経費にしたかったので納期が合わないTouch Bar搭載モデルは選ばないようにしようと思ってた。ただ、搭載モデルの方がCPUクロック数が高めに設定されているので、Greenbenchというサービスを使って現在のMBAとMBPの各モデルでのスコアを検索してEvernoteにコピペして比較、みたいなことをしていた。

↓Evernoteのスクリーンショット。Airとか13で検索しているのがわかる。


結局、Touch Bar搭載モデルの3.3GHzと非搭載の2.4GHzで大差ないな…ということで非搭載モデルに決定。無事に年内に納品されたのだった。

 

気に入っているところ

  • 初のRetina Displayは最高。特にIllustratorの作業で拡大しなくてもディティールが分かるようになったのは大きい。自宅で使っている27インチのThunderbolt Displayと同じ解像度だもんなー。疑似解像度を調整することで、IllustratorのUIパネルのサイズを調整できるので、外出先での作業がかなり楽になった。Webサイトの見え方もだいぶ変わってくるので、もっと早く買っておけば…と反省(でも旧モデルは重かったんだよね)。
  • バッテリーも頼もしくなった。公称10時間、体感で7〜8時間は保ってくれる。MBAのときは4時間ぐらいの印象だったので、使い勝手が大きく変わってくる。専門学校の非常勤講師の仕事が9:20〜16:30なんだけど、アダプター無しで出勤できるのは有り難い。
  • この機種から起動音が無くなったのも良い。これまでターミナルとか使って無理やりOFFにしてたからな…
  • 重さ(1.08→1.35 kg)やサイズ感も11インチからほぼ違和感なく乗り換えられた。
  • USB-Cは上下を気にしなくて良いのは好き。充電時にiPhoneと同じSEが流れるのは新鮮。
  • まとめると画面広いし早いし電池持つし最高!
 

気になるところ

  • 筐体のデザイン。MBAは横から見ると、くさび状になっていたので前後が分かりやすかったんだけど、MBPはほぼ対象なのでAppleロゴと↑の凹み部分で区別するしか無い。3ヶ月使っても、さて使うぞ…というときに前後逆になってしまう事が多々ある。
  • さらにこの凹みの部分、両サイドが鋭角になっていて、開くときに痛かったりして緊張感を感じるのは気になる。MBAは丸みがあって優しい子でした…
  • キーボードの打ちづらさは慣れるレベル。ただ、音が大きい(ペチペチペチ…)ので、静かな場所で使うのに気が引けるようになってしまった。
  • MagSafeは大好きだったので、無くなったのは寂しい。コードに足を引っ掛けないか、USB-C端子のオス側が折れないかと不安になる。
  • スペースグレイにしてみたけど、埃や汚れを考えるとシルバーの方が良かった気がする(今回の写真もNexus 5Xで撮ってPhotoshopで埃を消すことに…)
 

久しぶりにPCを新調したけど、全体的に細かくブラッシュアップされていていい製品だなーとは思う。ただ、Windows PCにも面白そうな製品が増えているので、次に買い換えるときにはMacじゃないかも…という気もする。

自分がデザインの仕事を始めるきっかけの一つが「Mac OSXのUIが格好いいので、これを使った仕事をしてみたい」だったので、Appleには頑張って欲しい(携帯電話はGoogleだし、時計はPebble使ってるけど…)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA