能古島+SONY α7+Google Photos

非常勤講師をしている、福岡デザイン専門学校の遠足で能古島に行ってきた。
子連れでもOKとのことだったので、二人で遠出する機会もなかなか無いし…と息子も一緒に。

能古島は福岡市内から渡船で10分で行けるということもあって、市内の人たちに愛されているローカルスポットです。

 渡船場から会場のアイランドパークまでは約3kmの山登りルート。子供は出発前から疲れ気味だったので、序盤だけ歩いてあとは救護の先生の車に乗せて頂いた。

 島では各種の柑橘栽培が盛んみたいで、ちょこちょこと見掛けた。帰りにターミナルで買ったブラッドオレンジを帰って食べたら濃厚な甘さで美味しかった。

アイランドパークはたぶん10年以上前に行ったっきりだったんだけど、VRとアトラクションを取り除いた規模の小さいハウステンボスみたいな楽しみ方が出来る場所で、思ったよりいい場所だなと思いました。子供も動物に餌をあげたり、学生のお姉さんたちに遊んでもらって楽しめたようで良かった。


今回の写真は最近買ったSONYのα7に、前から持っているPlanar 50mm f1.4の組み合わせで撮ってみた。仕事用カメラとしてここ4年ほどCanonの6Dを使っていたんだけど、子連れ+一眼レフの重さに耐えられず明らかに持ち出す機会が減っていたので、軽いセットが欲しかったのが購入の理由。

RAWで現像する時間も取れなくなってきたのでjpegで撮影してWi-Fiでスマートフォンに転送→Google Photosに自動保存したものをブラウザ版のGoogle Photos上で少しだけ露出を変えてDLし、そのままここにUPしている。

何度も保存されてjpgeが劣化してる、マニュアルフォーカスでピントが甘い、普段お世話になっているLightroomの補正を使わない…の組み合わせで、普段UPしている写真よりかなり恥ずかしい仕上がりになっているけど、更新にかかる時間は段違いなので悩むところ。

Google Photosとスマートフォンの連携についてはかなり気に入ってるので、時間があったらブログに書いてみるつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA