IFFT/Interior Lifestyle Living 2017

昨年に続き、東京ビッグサイトで行われた国際インテリア見本市「IFFT/Interior Lifestyle Living」へ。

今回のアトリウムスペース(↑写真)は誘致が上手く行かなかったのか、目立った出展者が少なく全体的におとなしい印象。そのせいで、恐らく助成金で毎回参加している中国など海外の「とりあえず出してみました」というブースが目立ち、全体の印象はあまり良くなかった。来年は体制に変化があるようなので、活気が戻るといいんだけど。

広い会場には家具を中心にさまざまなライフスタイル商品が並んでいて「これ、全部共存できるのかな?」とか「もう物は溢れているし、仕事で新しいものを作る必要性は無いのかも…」という気持ちにさせられるけど、逆に考えるとこんな状況だから、新しく作るなら意味のあるものにしなければ…というモチベーションにもなるので、バイヤーじゃなくても行く意味は大きいとは思っている。

今回のために制作したデザインについてはとても良い手応えがあり、担当の方と喜びを分かち合いました。公開が楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA