箱根・彫刻の森美術館で打ち合わせ

箱根彫刻の森美術館 お仕事のお誘いを頂いて、神奈川県の箱根にある彫刻の森美術館に行ってきました。
箱根といえば、あのエヴァンゲリオンの舞台ということで、着いて早々に遠くの山を見ては「あそこからVTOL機とサキエルが…!」、「強羅駅」の文字を見つけて「最終防衛線…!」と、高まる気分を抑えつつ打ち合わせ。

箱根彫刻の森美術館 その後は、敷地内を案内してもらいました。彫刻の森美術館は1969年に開館した、国内で初めての野外美術館で。7万㎡の庭園に彫刻家の名作たちが常設展示されています。その他にもピカソの陶芸作品を中心に展示する「ピカソ館」などの屋内展示場もあり、かなりのボリューム。
彫刻を見るのは好きだけど、一つのジャンルでこれだけの作品をまとめて見ることはなかなか無いので、とても良い機会になりました。

箱根彫刻の森美術館 (香川のMIMOCAにも何度か足を運んでいるので、猪熊弦一郎の作品ぐらいは見ただけで分かるな…)

箱根彫刻の森美術館 箱根彫刻の森美術館 見る彫刻だけではなく、子供が入って楽しめる展示もいくつかありました。この、堀内紀子さんの「ネットの森」という作品を囲む木製のドームは、佐藤可士和氏が関わっていた「ふじようちえん」などを手がける建築家の手塚貴晴+手塚由比さんのお仕事。庭園の中に木造の巨大な建造物が現れる状況が良かったです。

箱根彫刻の森美術館 岡本太郎 ここでの用事は夜まで続き、岡本太郎の「樹人」もライトアップ。
これから秋まで続くお仕事、よろしくお願いします。

箱根登山鉄道 夜は温泉宿に泊めて頂いて、翌日は箱根登山鉄道で帰りました。
この鉄道、スイスのレーティッシュ鉄道(旧ベルニナ鉄道)と姉妹鉄道。8年前に新婚旅行でスイスに行ったとき、お世話になった鉄道会社だったので(そのときのブログはこちら。途中で終わってるけど…)、赤い車両が懐かしかったです。
乗り込む前に買った富士屋ホテルのカレーパンを食べながら、これからの仕事のことを考えたりしました。


彫刻の森美術館
http://www.hakone-oam.or.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA