taromagazine™ / taro misako
MUSIC OF MAY 2018
2018年5月に聴いていた音楽(イ・ラン/SUPERCARとか)
/
2018.6.5


仕事中、Spotifyで音楽を聴きながら、気になった曲は毎月のプレイリストに放り込んでいます。
5月は連休があったせいか少なめで、この23曲。

instagramにも音楽絡みの投稿をしていたので、転載しながら一人で振り返ってみようと思います。

最近、三迫家で話題の小袋成彬のことを調べていて出会った韓国のイ・ランというアーティストにハマって数年ぶりにCDを購入。「神様ごっこ」という名前。Spotifyでも全部聴けたけど、歌詞を知りたかったんです。

結構なボリュームのエッセイ集にCDが付いているという仕様で、音楽単体だとファナ・モリーナみたいにミステリアスに感じていた印象が、翻訳のせいもあってかとても等身大で共感できる話ばかりで、思い切って買ってみて良かった。

イラストやマンガ、文章の仕事もされているみたいで、eさんが買ってきた早稲田文学女性号にも寄稿されてるみたい。今度読んでみよう。




買ったまま眠っていた「スピッツのデザイン」をめくってみる。そんなに詳しくない自分でも興奮する資料の充実っぷりなので、スピッツ好きの友人に読ませたい!木村豊さんのお仕事が好きなので、同じ木村デザインのSUPERCAR編、椎名林檎編とかも読んでみたくなるけど、このバンドだからこういう本の形に出来たんだろうな…と思っていたら、スーパーカーのベスト盤が出たこのタイミングで、CINRAさんが木村さんにインタビューしてくれた。

スーパーカーの20年史を、アートワークを作った木村豊が振り返る – インタビュー : CINRA.NET
https://www.cinra.net/interview/201804-kimurayutaka




周りでぜんぜん話題になってなかったけど、今月のPOPEYE良かったですよね?音楽を推薦する人の人選が気取ってなくて好みだったし、それぞれのポートレートがあるのも良かった。特に有難かったのは大根仁さんの90年代J-POP解説。当時リアルタイムで聴いていたけど、周りに詳しい人が居なくて情報源が「BOUNCE」しかなかったので、色んなバックグラウンドが分かって、すっきりしました。掲載されている曲やアルバムが、Spotifyのプレイリストですぐに聴けるのも便利。そういえば表紙もSpotify色!




そんなわけで大好きなSpotifyですが、難点はカタログに偏りがあること。例えばceroの新譜なんかは聴くことができないので、今度はApple Musicでも契約してみようと思います。CD買ってリッピングすればいいのかもしれないけど、iTunesのインターフェースが好きになれないし(特にiPhoneの管理機能は分けて欲しい)、MacにCDドライブ付いてなくて面倒だしで、もう買う気持ちになれないんですよね…。