taromagazine™ / taro misako
Sony a7+Capture One
Sony α7+Capture One 11 Proでテザー撮影
/
2018.7.16

明日は自分が手がけた仕事の撮影を、自分ですることに。
以前からカメラマンさんの仕事を見ていて気になっていた、PCでシャッターを切り、撮影したその場で仕上がりを確認する「テザー撮影」という方法を調べてみると、僕が使っているSony α7(無印)でも使えるということが分かったので、事前に試してみました。

Web上ではLightroomを使う方法Capture Oneを使う方法が紹介されていたけど、後者の方がレスポンスが早そうなのでこちらを採用。Capture Oneには「for Sony」というライセンスがあり、通常¥37,566のPro版を¥9,925で購入することができます。今回は明日使うだけだし、30日の無料トライアルで試してみることにしました。
※Express for Sonyという無料版もありますが、こちらはテザーに対応していません。注意!

まずはここからアプリをダウンロード(Win・Mac対応)。
https://www.phaseone.com/ja-JP/Download.aspx

あとはα7側の設定で「USB接続」の項目を「PCリモート」にして、本体のMicro USBポートとPCを接続して、Capture Oneを起動。

画面左側の「カメラ」の項目に自分のカメラの名前が表示されれば準備完了です。
CanonのようにPCの画面上で仕上がりイメージを確認しながらの撮影はできませんが、今回の用途(現場でピントを確認したい&リモートでシャッターを切りたい)ならこれで充分。

明日の撮影は初めて手がけた空間の案件。撮影の予算が下りなかったので自分で撮ることにしたけど、仕上がりだけ考えれば自腹を切ってでもプロにお願いした方が良かったかも…と思う気持ちもあります。
ただ、自分が撮ることで撮影の技術は少しずつ上がるし、自分が出来ること、出来ないことが分かっていた方が、プロにお願いするときの指示も上手く出来るような気がしているので、今回は自分で撮ってみることにしました。
やっぱりお願いすれば良かった…という結果にならないよう、がんばります。

tags: , ,