taromagazine™ / taro misako
Beoplay P2
事務所スピーカーにB&O Beoplay P2を購入
/
2018.7.19

事務所のBluetoothスピーカーと僕のMacの相性が悪いのか、頻繁に音飛びがするのが気になって、小型の新しいスピーカーを買ってみることに。
B&O(バング・アンド・オルフセン)のBeoplay P2という製品。事務所の別のフロアに置いてある下村さんのBeolit、自宅で使っているBeoplay A2に続いて3代目のB&O製品になります。

Beoシリーズ、このシルバーとヌメ革の「ナチュラル」という配色がとても好みで、特に家電製品にレザーを使ってくるところにグッと来ます。今回も事務所用だし、もっと安いAnkerとかので良いかな…と思ってたけど、この質感で揃えたくて買ってしまった…。

肝心の音については、ほぼスマホサイズのコンパクトタイプということで、BeolitやA2に比べると軽いけど、ポータブルラジオみたいな感覚で使えば良いかと、まあ満足して使っています。

想定していなかったのが、↑の写真みたいな使い方。 本体は軽いし、電池は10時間持つし、音は360度に出るのでぶら下げて使うのが見た目にも楽しいです。今はとりあえずのフックを使っているので、これを銀のカラビナにしたいなと考え中。

そうそう、音飛びですが、やはり発生するみたいで、いろいろ試してみたところ、Macやスマートフォンとスピーカーの間に人の体が入ったりすると音飛びしている気がします(スマホでボリュームを調整しようと手に取ったときに音飛びしたので気が付いた)。今度買うならAirPlay対応にしよう…。


tags: