taromagazine™ / taro misako
RAMEN KURAMOCHI
らぁめん蔵持(福岡・白金)の「納豆らぁめん」
/
2018.7.31


シェアオフィスのみんなが毎週のように通いまくり、休日も家族を連れて行くほど愛されている「らぁめん蔵持」。
ラーメンが嫌いだと思われているのか、ランチのときになかなか誘ってもらえないので、思い切って自分から行ってみることに(最初からそうすればいいのに…!)

instagramを参考に、頼んだのは「納豆らぁめん」。普通のラーメンの上に、ふわふわに泡立てられた卵と納豆がカプチーノのように載せられていました。卵かけご飯&納豆が大好きなので、最高の組み合わせに見えるけど、麺にちゃんと絡むのかな…と心配だったのが、食べてみたらその心配は杞憂に。麺にしっかり絡むような、絡まないような、絶妙な距離感で麺と一緒に口の中にズルズルと吸い込まれていきました。これは美味しい!

納豆の下には普通のラーメンと同じ、厚手のチャーシュー、メンマ、青菜が入っていて、それぞれがそれぞれにしっかり味や風味を主張して…と書いていたら「美味しんぼ」の栗田さんや「ミスター味っ子」の幼馴染みの女の子のリアクションを思い出したけど(シャッキリポン!)、それはさておきとてもバランスの良い一杯で、初めて来たけど大好きになりました。

レンゲとは別に、納豆を掬うための網状のスプーンが付いているのも、トッピングに終わらず最後まで食べ切って欲しい…という気持ちが感じられて、宴会の食べ残しNG派としても嬉しかったです。


ラーメンよりうどん派なのであまりラーメンを食べる機会は少ないけど、最近は高砂の「寿限無」とか、醤油ラーメンの美味しいお店が増えてきた気がします。これと同じぐらいのインパクトのある、豚骨系の新しいラーメンも食べてみたいなあ。