taromagazine™ / taro misako
Todoist
スケジュール管理アプリとして使う『Todoist』
/
2018.8.10


これまで、スケジュールを管理する方法として、ExcelやGoogleスプレッドシートを使った横長のスケジュール表を作ったり、Instaganttといったガントチャート型サービスを試してきたんですが、業務が増えれば増えるほど、上手く管理できなくて破綻してしまうケースが続いていました。

そんな中、ようやく自分の中で納得行くスケジュール管理サービス(アプリ)を見つけたので、周りに薦めまくっているのが『Todoist』。いわゆるToDo(やること)管理型のサービスで、最初はただのToDoでしょ〜?と思っていたんですが、

・タスクに期日を設定できること(Googleカレンダーとも同期してくれる)
・タスクをドラッグ&ドロップで親子関係を作れること
・タスクごとにコメントを付けられること
・複数ユーザーで共有できるので、スタッフのタスクも管理できること

などの特徴のおかげで、スケジュール管理に充分使えることが分かってきました。
単純にタスクを消していくのが気持ちいい!と感じられるUIも魅力的です(1日に5件のタスクを消化すると、褒めてくれる)。

今は仕事が入ってきたらTodoist上にプロジェクトを立て、まずはできるだけ細かくタスクを分割してスケジュール(作業する日)を割り振ります。
↓例えばこんな感じ。

〇Webサイトプロジェクト
 ・ワイヤーフレーム
  ・トップページ
  ・ABOUTページ
  ・〇〇ページ
 ・デザイン
  ・トップページ
  ・ABOUTページ
  ・〇〇ページ
・確認事項
 ・サーバ情報
 ・お問い合わせフォームのメールアドレス

こうして入力しておけば、「今日」や「次の7日間(↑の写真)」上で、今やらないといけない作業だけに集中できるので、「仕事が沢山ありすぎて、どれから手を付けていいか分からない!」とパニックになるのを防ぐことができ、とても健康的です。

Webサービスですが、デスクトップやモバイル用のアプリもあるので、打ち合わせのその場でもタスクを追加できるのも有り難いです。
無料でほとんどの機能は利用できるので、ぜひ試してみてください。


◯Todoist: あなたの生活を体系化するタスク管理アプリ
https://ja.todoist.com/