taromagazine™ / taro misako
BAKUON FILM FESTIVAL
8月15日〜26日 YCAM爆音映画祭2018(に行ってきた)
/
2018.8.23

山口情報芸術センター[YCAM]に行ってきました。来年の3月に向けての仕事の打ち合わせ。
あと8ヶ月ある…と思っているうちに、気が付いたら残り1ヶ月に!なんてことは良くある話なので、今回はそうならないよう、着実に進めていきたいところ。
館内には先日納品した、YCAM15周年のフライヤーも綺麗に並んでいました。

打ち合わせのあとは、「のん太鮨」に連れて行ってもらって高速でお寿司を詰め込み(美味しかったです)、「YCAM爆音映画祭2018」へ。

日本最強の爆音映画祭、今年も出現!
繊細な大音響で映画を体感することで、これまでにない映画体験を創造する「爆音映画祭」が、今年もYCAMにやってきます。YCAMが誇る充実の音響環境を十全に用い、今回も往年の名作から話題の新作まで、幅広いラインナップを爆音でお届けします。


爆音映画祭に参加するのは今回が始めて。「爆音」なだけに、耳がキーンとなるほどの大音量なのかな?と思っていたけど、「調整に調整を重ねたバランスになっているから大丈夫(YCAM青柳さん)」とのこと。実際、ボリュームは大きめだけど、2時間座っていられなくなるような爆音では全然なくて、むしろ良い音で映画を楽しんだ!という印象でした。

観た作品は「ベイビー・ドライバー」。予告編を観てもぜんぜんピンと来なかったけど、同じ監督の「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」が好きなので観てみたら、これが当たりでした。
主人公の運転手・ベイビーがイヤフォンで聴いてる音楽に合わせてカーチェイスや銃撃戦のSEが鳴るミュージカル仕立てで、内容は単純だけどノリノリの2時間。ラストの真面目な終わらせ方も今っぽくて好感が持てました。
「カーチェイス版ラ・ラ・ランド」という触れ込みだったけど、意外とミュージカル成分少なめ&ラストに納得の行かない「ラ・ラ・ランド」より、個人的にはこっちの方が好みだったかな。

↑冒頭の6分が無料で公開されています。このテンションが2時間続くので、観て気になった方には本編もオススメです。

YCAM爆音映画祭は、今週末の8月26日まで行われています。このあとも「AKIRA(フィルム版)」をはじめ、爆音で観てみたいラインナップが揃っているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。


◯YCAM爆音映画祭2018|山口情報芸術センター[YCAM]
https://www.ycam.jp/cinema/2018/ycam-bakuon-film-festival/

tags: , ,