taromagazine™ / taro misako
UME NO YA
YCAMと味の宿 梅乃家(山口・湯田温泉)
/
2018.8.26

当ブログの表紙の写真を、先日YCAMで撮影したミラーボールに変えました。
月1回ぐらいのペースで更新していけたらと思っています。

さてさて、そんなYCAMから少し歩くと、『湯田温泉』と呼ばれる温泉地があるのはご存知でしょうか?
今週末、ふと思い立って、出発の2日前に予約して出かけてきました。

予約したのは楽天トラベルの湯田温泉ページでおすすめに上がっていた、『湯の宿、味の宿 梅乃屋』。
お部屋おまかせ(8〜12畳)の現金特価プランという、いかにもリーズナブルなプランを予約。
一番安いプランだし、まあ「天然物、減農薬などの食材を中心に、冷凍品や既成品を使わず1品1品を手づくり」というこだわりに期待しよう…と思って行ってみたら、なぜかお部屋は最上階の14畳にアップデートされてるし、料理のコースには今が旬の鱧(はも)が出てくるしで、大満足でした。

検索してくる人のために料理をいろいろ載せたいけど、コース料理は写真映えしないので鱧鍋の写真だけ。
安いコースってボリューム勝負のイメージがあったんですが、ここの料理は全体的に薄味だし、量も丁度良くて気持ちよく完食できました。

こちらは朝食。サラダのドレッシングからお漬物まで手作りなのが嬉しかったです。
スタッフの方々の対応も良かったし、女将さんには12月になったらぜひ「ふぐ」を召し上がりに来られてくださいと、オススメされたし、また行きたくなるお宿でした。
あ、温泉も源泉かけ流しの露天風呂があり、広くはありませんが清潔で気持ちのいいお風呂でしたよ。

デザイナー的には高級ホテルやデザイン性の高いゲストハウス…みたいなのに泊まってみるのも経験として大事だと思いますが(経験が無いと作れない)、個人的にはこういうちょっとした旅も好きです。福岡から山口は1時間ちょっとで行けるから移動も楽だし、これぐらいの移動距離の旅、また探してみようっと。

YCAMに行く予定がある人も、日帰りじゃなくて1泊旅行にしてみるのもおすすめですよ。夜はYCAMの皆さんも大好きな女将劇場(無料)もありますし…!

ちなみに、移動中のお昼は駅弁でした。小倉駅や博多駅で買える、折尾名物「かしわめし」。中身の写真を撮り忘れましたが、中身の95%が味ご飯、残りが煮豆と漬物というミニマルな佇まいがたまらなく好きなお弁当です。
年々値上がり(今は780円!)しているような気がするのだけが残念だけど、それでも買ってしまう不思議な魅力があります。

tags: , ,