taromagazine™ / taro misako
Rhizomatiks x Salyu
10月27日 Rhizomatiks☓Salyu 一夜限りのシークレットイベント「日田の山と川と光と音」
/
2018.9.27

昨年の九州北部豪雨により大きな被害を受けた大分・日田の復興支援のために、一夜限りのシークレットイベント「日田の山と川と光と音」が行われます。
ツアーバスでしか入れない、秘密の会場を演出するのは、Rhizomatiks Architecture。そこで歌うのはアーティストのSalyuという、豪華な組み合わせになります。

先日行われたBEPPU PROJECTの山出さんのトークイベントでも、ライゾマの齋藤精一さんから「山出さん、これ、本当に一日だけで良いんですか?」と言われました…という話が出てきたぐらい、この日のために壮大な予算を使った仕掛けが用意されているようです。

参加するには博多駅・福岡空港か大分・別府・日田駅から出発するバスツアーに申し込む必要がありますが、僕はさっそく一泊ツアーに申し込んでみました。田中義久さんが広報物のデザインをされている「アニッシュ・カプーア IN 別府」などを巡る一泊バスツアー、楽しみです。

Salyuも、大好きな「リリィ・シュシュのすべて」で知って以来、初めて声を聴くことになるので、ワクワクしますね。


**

日田の山と川と光と音 – 日田市水害復興芸術文化事業

山々に囲まれ、豊かな水流に恵まれている日田市は『水郷ひた』と呼ばれ、古くから水とともに生きてきました。しかし、自然はときに我々の力が及ばないほどの猛威を振るうこともあります。本事業は、2017年7月の九州北部豪雨により大きな被害を受けた日田市における、芸術文化による水害復興支援を目的に開催いたします。
日田の雄大な自然と光と音が織りなす空間を、稀有な才能を持つ女性歌手『Salyu』の美しい歌声が包み込みます。1夜限りのこの圧倒的な体験を演出するのは、最先端のデジタル技術を駆使した作品を国内外で発表し続けるアーティスト『ライゾマティクス・アーキテクチャー』。この日、この場所のためだけに人と自然とが共創する本作品は、自然に寄り添いながら発展してきた日田市の歴史や営みと重なるとともに、これから先の未来を指し示す1筋の光として、鑑賞者の心の奥深くまで響く体験となるでしょう。

※バスで秘密の会場に招待する、ツアー形式のシークレットイベントです。必ず事前にツアーチケットをご購入ください。
※ツアーチケットなどの詳細は特設Webサイトをご覧ください。

開催日 2018年10月27日 (土)
場所 大分県日田市某所
主催 日田市水害復興芸術文化事業実行委員会
全体プロデュース NPO法人BEPPU PROJECT
企画・演出 Rhizomatiks Architecture
出演 Salyu

特設Webサイト