taromagazine™ / taro misako
ICELAND
アイスランドへ(1)一本のドキュメンタリー映画から
/
2018.10.1


11/6〜12の7日間を使って、アイスランドへ一人旅に行くことにした。

きっかけは、11年前に観たSigur Rosのドキュメンタリー映画「Heima」。
アイスランド全土を渡り、彼らが無料のライブツアーを行う様子を追った作品で、ホームグラウンドでバンドを迎える観客の暖かい様子や音楽自体はもちろん、間に挟まれる美しい風景に心を揺さぶられ、いつかこの地を訪れたいと思っていた。

その後、時間は流れ、海外に出張する周りのクリエイティブな人たちの自然な旅の様子をinstagram越しに見ている内に、海外に行くには語学力や現地の親しい友人、仕事なんかが無いと行ってはいけないような気がしてきて、なんとなく海の向こうに思いを馳せることが無くなってきていた2018年。

たまたま書店で手に取った、漫画家の益田ミリさんの「美しいものを見に行くツアーひとり参加」という本を読んだことがきっかけで、「旅の素人でも、おっかなびっくりでも、現地でしかできない体験はあるし、誰がどこに行っても良いじゃないか」という気分に。

本の最初で旅に出た国がアイスランドのオーロラ鑑賞ツアーだったこともあって、そう言えば僕もアイスランドに行きたいんだった…という気持ちを思い出し、さっそくツアーを検索してみると、秋〜冬の間は航空券も安く、夜空にはオーロラがかかり、11月にはアイスランド最大の音楽イベント「Iceland Airwaves」が行われることが分かった。


Sigur Rosが生まれた土地で、アイスランドの音楽を聴いてみたい。

映画に出てきた、荒涼とした大地を旅してみたい。


仕事の上でも、自分が出来ること、出来ないことも分かってきて、良くも悪くも「慣れ」が出てきたフリーランス10年目。思い切って、やりたかったことをやってみよう、そこで見える新しい景色があるかもしれない…(大げさになってきた)という気持ちもあって、家族と相談して1週間分の航空券とホテルを予約することにした。


というわけで、アイスランド旅行編です。
友人に、行ったらブログ書きますねって話したら、「行ったら」の前の準備編、妄想編、持ち物編とか読みたいネタが一杯ある…と教えてもらったので、これからしばらくはブログのネタに困ったらアイスランドのことを書こうと思います。
スネ夫ばりに鬱陶しくなること請け合いですが、興味がある方はお付き合い頂けたら幸いです。
まずは現地に到着できるか、そこから不安です…よろしくお願いします!


*ちなみにこれを読んでSigur Rosに興味が出てきた方は、この映像(映画より)あたりから入るといいのでは…と思います。僕は鳥肌が止まりません。