taromagazine™ / taro misako
Airwaves
アイスランドへ(4)フェス予習中(アイスランド音楽編)
/
2018.10.18

11/7〜10にかけてアイスランドのレイキャビクで行われる音楽フェス「Airwaves」に参加することにしたものの、僕が知っているアイスランド音楽:シガー・ロス、ビョーク、ムーム、アミーナ、キラキラ…は出ていないので、今の状況をリサーチすることに。公式のSpotifyプレイリスト、日本の音楽メディアなどで情報を集めて、今のところこの辺りを攻めてみるつもり。

◯Team Dreams(Sin Fang, Sóley & Örvar Smárason)
出ていない…と思ってたムームのÖrvar Smárasonがユニットを組んでるのをさっそく発見!
安心のムーム節で、これは絶対に行っておかないと。この曲はタイトルも秀逸。


◯Sóley
Team Dreamsにも参加している女性SSW。この人も自分が思っているアイスランド音楽のパブリックイメージに近い。
調べてみたら、大分の日田リベルテでもライブしていたみたい。知らなかった…。


◯JFDR
今回調べていて一気に好きになったJFDR。まず名前が良いですよね。ポスト・ビョークとも呼ばれているみたいで、ビジュアルやアートワークもそれっぽい。ミニマルだけど温かみのある音像で、今からライブが楽しみ。


◯VAR
男女混合5人組ポストロック・バンド。初期のシガー・ロスってポストロックの棚に置かれていたよな〜というのを思い出すような音。本人たちのビジュアル含めて「いかにも」という趣アリ。


◯AmabAdamA
なぜか現地で大人気らしいレゲエバンド。それほど特徴も感じられないんだけど(失礼)、冬のアイスランドで聴くのはオツなんじゃないかな〜と思っている。


◯Berndsen / Sykur
友人の音楽家・マツミシンノスケ(breezesquad) さんから教えてもらったエレクトロ・ポップな2組。守備範囲ではないんだけど、MVを見た感じは楽しめそう。ありがとうございます!


◯Ólafur Arnalds
今回の中で唯一、名前を覚えていた人。ポスト・クラシカルというジャンルになるらしい。今年発表されたアルバムはちょっとピンと来てないんだけど、現地で聴いて好きにならたら良いなと。


◯Ásgeir
最終日に登場するアウスゲイルは現在のアイスランドを代表するSSWで、ジェイムス・ブレイク(大好き)が引き合いに出されるような音や歌唱で人気があるみたい。音的には今回紹介した中ではいちばんメジャー感があるんじゃないかな。Airwaves、キャパが小さい会場が多いので、入れるかちょっと心配。


リサーチする前は楽しめるか心配だったけど、SpotifyとYoutubeのKEXP(ライブチャンネル)のおかげでかなり予習ができて、現地での4日間が楽しみになってきた。もう少し、気になるアーティストを覚えておきたいので、こちらの出演ラインナップでおすすめがあれば教えてください。


◯アイスランド関係の記事一覧はこちらからどうぞ