taromagazine™ / taro misako
YAMAGA TOUROU
10月27日〜11月11日 ビブリオテーク熊本店「山鹿灯籠 和紙工芸と暮らす」
/
2018.10.31

熊本の百貨店・鶴屋に入っているカフェ&ブックス ビブリオテーク熊本店で、僕がデザインを担当している和紙モビール「TouRou」、アロマディフューザー「かぐわし」の展示販売会が行われています。ビブリオテークさんとは全国5店舗のWebサイトをデザインさせてもらっているお付き合いで、最近では林央子さんの雑誌「here and there」やフランスのPAPIER TIGREのフェアを開催するなど、紙をテーマにした魅力的な取り組みを行われていて、この流れで和紙を使った山鹿灯籠のプロダクトを紹介してもらえるのは、とても嬉しいです。

来週の11/10には実際に伝統工芸・山鹿灯籠づくりを体験できるワークショップも開催され、TouRou・かぐわしの製作者でもある山鹿灯籠師の中村潤弥さんが講師を務めます。この機会にぜひ山鹿灯籠のプロダクトを見て・触れてみてください。


**

カフェ&ブックス ビブリオテーク熊本店では、熊本県山鹿市で室町時代からつづく技術をもとに、受け継がれてきた伝統工芸『山鹿灯籠』を用いて作りだされた、空間に彩りを与えるモビールやアロマディフューザーの展示販売会&擬宝珠ランプづくりワークショップを開催致します。

山鹿灯籠 和紙工芸と暮らす
10/27(土)-11/11(日)

山鹿灯籠は600年以上もの間、山鹿市に伝わる伝統工芸品です。木や金具は一切使用せず、手漉き和紙と少量の糊だけでつくられており、部品はすべて空洞なので非常に軽く、しなやかなデザインなのが特徴です。美しい曲線を表現するために、のりしろをつくらず紙の厚みだけで接着する「小口付け」や、紙を削いでから接着する方法など熟練された職人の技が活かされています。毎年8月に開催される山鹿灯籠まつりでは、女性が金銀の紙だけで作られた山鹿灯籠を頭にのせ、民謡にあわせて山鹿市内を踊り歩くという伝統的なお祭りです。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
山鹿灯籠 「擬宝珠ランプづくり」のワークショップも開催!
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
山鹿灯籠「金灯籠」の先端部のパーツであり、形・技術ともに金灯籠のシンボルとされる「擬宝珠(ぎぼうしゅ)」。
蓮の花のつぼみを象徴としており、すっきりした曲線が特徴。
この美しい曲線を出すために「小口付け」と呼ばれる、和紙の切断面同士を慎重に接着する技術が使われている。
灯籠師の技術を体験し、自分だけのマイランプを作ってみませんか?

◎要予約
日程:11/10(土) 10:30-12:30
参加費:3,500円(税込) drink/dessert付き
定員:10名
所要時間:2時間
講師:中村潤弥

詳しくはカフェ&ブックス ビブリオテーク熊本店のWebサイトをご覧ください。