taromagazine™ / taro misako
TRAVEL GOODS
アイスランドへ(6)持ち物チェック!
/
2018.11.2

いよいよ4日後に迫った出発の日。仕事で会う人とアイスランドの話題になると、口を揃えて「なんでアイスランド!?」と驚かれるんだけど、どうして「いいですね〜」じゃなくて「なんで!?」っていう反応になるんだろう。

そういえば友人から、カバンの中身的なアレ(記事)をよろしくと言われていたのを思い出して、仕事に行く前に慌ててパッキング中の荷物を並べて写真を撮ってみた。今回買ったものについては(新)と記載。

バッグ

スーツケースはOSPREYのSOJOURN 80L。荷物が少ない時は写真のように40Lぐらいのサイズに変形できる、バットマンのガジェットみたいな外見のソフトキャリー。新婚旅行の時、2人分の荷物を全部これに入れていたぐらいなので、収納力は充分。タイヤが2個しかついておらず、スライド出来ないのはちょっと残念。リュックに変形する機能もあるけど、使ったことない…。
リュックは以前の記事でカスタマイズした、無印の2980円のやつ。ギャルソンとエルベシャプリエとスタンダードサプライの良いところを集めて作ったような機能性の高さで、今回も活躍してくれるはず。

電子機器その他

・デジカメ…Sony α7無印+SEL24105G(新)+ウェットスーツ素材のカメラケース(新)
 …今回の目玉。飛行機代とほぼ同額をレンズに投入したので、撮れ高には期待したい。
・SDカード32GB+16GB
・予備バッテリー+充電器
・ニンテンドー3DS+スーパーロボット大戦UX+ドラゴンボールフュージョンズ(新)
 …ドラゴンボールはゲームブロガーのラー油さんがおすすめしていたので、新しく500円で購入した。
・3DSをUSBで充電できるケーブル(新)…3DSのアダプターが変圧器が必要なタイプだったので購入。
・スマートフォンの急速充電器
・モバイルバッテリー(4700mA)…表面のゴムが加水分解してベタベタするやつ。
・分岐型コンセント(新)+Cタイプ変換プラグ×2(新)+USBアダプタ(2口) …今回の生命線。
・Three SIMカード(新)+SIMカードピン
 …ヨーロッパ各国で使える3G SIM。3GBで1980円と格安。Wi-Fiルータを借りるか、現地のコンビニでSIMを買うか迷ってたけど、これに気付いて良かった。
・スマホの防水ケース(新)…温泉で撮影するために購入。お風呂で水漏れテスト済み。
・ドイツ軍の防水ポーチ…全てのガジェットを収めるポーチ。
・レインカバー(新)…無印リュックに装着する。
・歯ブラシ(新)…GUM派。
・コーム…FUJITOさんのお店で購入したKENT製。
・化粧水+洗濯洗剤+スタイリング用オイル…全て無印の詰替ケースに充填。
・シェーバー…髭が薄いので安物でOK。

アメニティ的なもの

・マリメッコのポーチ…最初はおしゃれアイテムwと舐めてたけど、使ってみると意外と有能なやつ。
・絆創膏
・葛根湯…風邪薬は漢方派。正露丸とかも要るかなと思ったけど、胃腸の調子は良さそうなので、多分大丈夫。
・ウェットティッシュ&ポケットティッシュ(複数)
・マスク…下村さんに薦められて追加。
・アイマスク(無印)
・畳めるスリッパ(無印)…機内で・宿で活躍するはず。

この他にはIKEAや紀伊国屋で買ったジップ袋などを持っていく予定。

洗濯グッズ

・ミニハンガー(新)…下着とか靴下を乾かすためダイソーで購入。
・無印のプラハンガー…宿がドミトリーなので、ハンガーが無かったときのために入れておく。軽いし。

これに加えてロープも入れてるけど、使うかな…

ウェア(上)

POSTの錦さんから「本気のアウトドアの格好で行ったほうが良い」と薦められたけど、なるべく手持ちのグッズのレイヤードで対応するつもり。街中で-3℃、氷河ハイクも体験するけど、これで耐えられるのかな…。

・ハードシェル(HELLY HANSEN)…1万円ちょっとで防水透湿と、GOLDWIN製品にしては格安。
・ダウン(+J)…自分で補修しながら使っているお気に入り。
・フリース(mont-bell)…薄手のもの。
・シャツ…汗でシェルが汚れないように襟付きのシャツを着る。COSMIC WONDERとラルフローレンの2着。チェック柄なのは、山登りするおじさんのイメージ。
・ヒートテック(Uniqlo)…インナー。洗濯のローテーションで、3枚持っていく。
・腹巻き(無印)…寒さに耐えられないときのファイナルウェポン。

これにメリノウールのカーディガン(マーガレットハウエル)を追加するつもり。最大7レイヤーだから、耐えられると思うんだけど。

ウェア(下)

左から、
・スラックス(+J)…暖かく軽いので街中ではこれで行動するつもり。
・トレッキングパンツ(mont-bell)…部屋着
・レインパンツ(patagonia)…ハイキング・自然観察時用。現地はとにかく濡れる!らしいので。
・ヒートテックタイツ(Uniqlo)…2枚持っていく。下着は乾きやすいエアリズムの予定。
・水着(asics)…温泉は水着必須なので。
・マフラー(マーガレット・ハウエル)…短く、キュッと結べるやつ。
・革手袋(無印)…手持ちの最強グローブ
・ヒートテック手袋(ユニクロ・新)…タッチパネル対応の手袋が欲しくて買ったけど、荷物になるかな。
・飛行帽(軍モノ)…ネタで買ったけど、今回の寒さなら耳当てが活躍してくれそう。トップスと微妙に色が合わないのが気になっている。ライトグレーのニット帽にするか、迷うな〜。

シューズ

最初はトレッキングシューズだけで行こうと思ったんだけど、フェス(Airwaves)で市内を歩き回ったりするのでスニーカーも追加することにした。機内でもこっちの方が楽だろうし。どちらもTHE NORTH FACE製。右は10年選手、左は1年しか経ってないけど、どちらもボロボロ。

ガイドブック

大自然とカラフルな街 アイスランドへ (旅のヒントBOOK)
大丸 智子
イカロス出版 (2015-08-28)
売り上げランキング: 184,846
アイスランドのガイドブックは「地球の歩き方」がコンパクト版しかないぐらい少なくて、そんな中で1冊だけ購入したのがこれ。現地に在住している著者の方の目線でレイキャビク市内のお店を紹介していたり、アイスランド音楽やデザインなどの項もあったりして、自分の旅程には一番合っている本だと感じた。本を持っていくと重いので、飲食店の紹介など、部分的に写真を撮って持っていくつもり。著者の方の、このインタビューも面白かった。

僕たち界隈の旅の雑誌といえばTRANSIT…だけど、郊外の情報が多かったので、今回は買わなかった。

TRANSITが重めなので、もう少し軽いもの…と思って10年前のPAPER SKYも取り寄せてみた。当時の音楽シーンの紹介がメインで旅の参考にはならなかったけど、読み物としては面白かったな。現行の同誌と比べるとざっくりした編集と内容で、こっちの方が親しみが持てて好きかもしれない。


…よし、これで使命は果たしたぞ、たぶん。
あとはスマートフォンに動画や文庫本、音楽などをダウンロードしておいて、機内を快適に過ごす準備をするぐらいかな。
仕事もアシスタントの福田さんに引き継いでるし、1週間はMac無しでも何とかなりそう。
当日まで体調を崩さないように気を付けよう。



◯アイスランド関係の記事一覧はこちらからどうぞ